忍者ブログ
50% of her diary
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



流鬼01

3/10(月)ガゼットC.C.Lemon ホール

実は、FC限定のガゼットライブに行ってきた。

そうです、ファンクラブ「HERESY」入っちゃったんです。

ずっと曲が好きで、聴いていたんだけど、
疼く痣と歪む裏とか枯詩とかThe Social Riot MachinesとかMaggotsとか
本気で大好きな曲が増えていって。

そして最新アルバム「STACKED RUBBISH」でガツーンとやられました。
特にCALM ENBYの刹那さとART DRAWN BY VOMITのルキボイスと
SWALLOWTAIL ON THE DEATH VALLEYのセクシーさと
REGRETの疾走感にもうこれはライブに行くしかないな、決意を固めました。

加えてルキのファッションや髪型や化粧(首のタトゥーみたいな表現)が
前々から超素敵だと思っていたのだけど、
これ(上記写真)でやられましたね。
紅蓮の自主盤購入者特典でした。

だから、まだメンバーの人間性をよく知らないのだけど、
でも、かつて見た武道館での5人はすごく熱くて、
仲間を本当に大事にしてるってわかった。

これからブログやラジオや雑誌を通して知っていきたい。

特に雑誌とかって過去、hideやラルクで買ったりしてたものを
読み返すだけでも新たな発見があったりする。

雅の時もそうだった。
ソロ活動が始動したばかりの顔がパンパンのまさに「がきんちょ」雅を
後で発見したりして感動したりして。
バンギャの地道な研究活動その①である。(←まさにオタクですな)

インターネットのお陰で、ブログという新たな情報収集ツールが出てきた。
ラジオも後で聞けるものが出てきた。
戒(ドラム)君のプレミアムラジオはリアルタイムじゃなきゃ聴けないんだけど、
れいた(ベース)のインターネットラジオは一週間無料配信されている
ので毎週楽しみにしている。

この前はルキがゲストで来ていたんだけど、もう大事故でした。
2人とも相当おもしろい。
世界のれいたは世界一下手なMCとして頑張るらしい。
お便りを頑張って読むあまりに早口になって、息継ぎできなくて、最後かんでしまう。
そんな初々しいMCが聴けます。
地道な活動その②である。(←やっぱりオタク)

で、ライブ報告(やっと本題に)

はっきり言って、C.C.Lemonじゃ収まりきれないスケールでした。
武道館の時よりはるかに大きくなってた。
特に紅蓮、独特の世界観に包まれた。
関東土下座連合で床に這いつくばってヘドバンしてるガゼットファンに「さすが!」って
尊敬のまなざしをむけた。

大好きな曲を生で聴けて、大好きって思っている人達と一緒にヘドバンすると、本当に楽しい。
その一体感がステージにもオーディエンスにも伝わって、ものすごいパワーになる。
ものすごく元気をもらえる。

ルキって、昔はMCで一時間以上も話しちゃうほど、基本、話すらしい。
いつもは気をつけて、あまり長く話さないらしいのだが、今日はFCイベントだから
たまにはってことで、たくさん話してくれた。

(会場の早まって何か言ってしまった人に対し)
ルキ:ね~そこ、よ~く考えたらわかったよね~

(会場のツッコミに対し)
ルキ:そんなこと言えなくなる位犯すぞ!
(↑ちょっと言い方違ったかも、でもこんな感じのこと言ってた)

そこで、驚いたのは、ルキのこのようなエロい発言に対して、
会場は誰も「キャー★」とは言わず、
コブシを振り上げて「ヴォー!!」と男前に叫んでいた。
むしろかかってこんかいくらいの気合だった。

そして、よく考えると、MCもいろいろあるものだなと。
犯すとかまで言うのは他にhydeくらいだろう。
「今日は俺をイカセテくれるの?」とか大人の余裕で、セクシーMC。
会場も「キャー(はぁと)」でピンクに染まる。

雅やまぁやはそこまで言わない。
せいぜい「熱い夜にしようぜ!」とかかな。

その代わり、雅は「ただいま」とか、すごく温かくて、自分が感じたこと、今の気持ちとかを
ストレートに話してくれる。その時の優しい顔が好き。

まぁやもストレート。でもすぐに照れて先輩~ってアイジさんにむちゃぶりするけど。
ただ、この前のLM.CのFCイベントで
「(海外のファンに比べて)同じ日本に生まれて日本語で話せて
こうやって会う機会も多いのに(海外ばかり行っちゃって)寂しいだなんて、
言うなよ、ばぁか」
と言われた。

…脱線しまくりましたが、結論からいうと(今更)ガゼットやっぱりかっこいい。
ライブに行くことにしてよかった。ライブの迫力はもの凄い。
正直、今、ビジュアル系の一番って、ディルかガゼットなんじゃないかと思う。
久しぶりのガゼットはまだまだ初心者でしたが
早く男前にライブを楽しめるようになりたい。

----------------------------------------------

紅蓮
(music:the GazettE / words:流鬼)

ごめんね あと少し アナタの名前と眠らせて

寄り添った過ぎし日は 痛みを喜び合い
両手に映し出す アナタを想い泣いている

其処に降る悲しみは知らないままでいいよ
安息に震えを覚えた足りぬ目は何を見る

薄れないで アナタよ
僅かな吐息を聞かせて欲しい
小さな鼓動で泣く
アナタよ 此処までおいで

代われない夢に続きがあるなら
どうか途切れずに…
幸福と呼べなくても溺れて重ならぬ日々を

「救いの手さえも曖昧で
秒刻みの繭は糸を千切れずに灰に成る」

薄れないで アナタよ
僅かな吐息で聞いてて欲しい
小さな鼓動の音に掠れぬ祈りを届け

呼べぬ名前を抱いて
指折り数える明日は消えない
耳を塞ぎ聞いてた 揺籠揺れる音
取り戻せぬ春に紅蓮の花が咲く

-------------------------------------------------------
PR
gazette

全国34公演を決行したガゼット全国ツアー、「Nameless Liberty.Six Guns...」のツアーファイナル 、日本武道館に行ってきた!

昨年のPeace & Smile Carnival tour 2005仙台で初めてライブを見て雅と共に衝撃を受けた。で初参戦。狭いハコはとれなかったんだけど、初デビューの私には丁度いいかなって。二階だし。

とタカをくくっていったのが間違いだった。

すごく熱くて感動したライブだった。
で、首が痛い。

---------------------------------
九段下集合。
渋谷あたりからガゼットファンらしきコスプレがちらほらいたんだけど、九段下ではものすごいことになってた。

どっちかっていうと普通のファッションが少数派なくらい、みんな雨にもめげず、超コスプレ、しかもキメ方が半端じゃなかった。かわいいコスプレ(ゴスロリとかゴシックナース?みたいな)もいたけど、ほとんどはかっこいい系だった。こんなに多いライブは初めてだった。こういう光景を見てライブ前からテンションがあがってきた。ヴィジュアル祭りだ!

しか~し席は二階の一番後ろ。後ろに誰もいな~い。
初めはガッカリしたけど、そのお陰で席の上に立ったり柵に乗ったり(警備の人に怒られたけど)自由に騒げたので楽しかった。

ガゼット初めから飛ばしてきた。

大好きなTHE $OCIAL RIOT MACHINE$!!(文字化けじゃないよ)

れいた:二階の一番後ろ!手加減してっとそっから引きずり下ろしてやるからな!

見渡してみるとアリーナはもちろん一階も二階も全員激しくモッシュしている。みんなどこで手振ってどこで首振るのか会場全員知っているのだ。しかも、ガゼットの皆さんも自らモッシュ。こっちもやらない訳には行かない!手の特有の動きも見よう見まねでマスターし、間違っても気にしないくらい暴れた。

かわいい手の振りもあるんだけど、盛り上がったらもう低音で「オ゛ゥー」とガッツポーズで体を乗り出す。そして後ろの椅子につかまってモッシュ。もう見事に会場全員。男の人も沢山来ていたけど、男の人に勝るとも劣らずみんな男らしい。

NILの新曲中心だったんだけどこの中の歌モノってライブでめちゃくちゃ映える。D.L.N、Bath Room、体温・・・ガゼットの世界観がすごく出てて、すごく良くて、ぐいぐい引き込まれてしまう。内なる狂気。私の聞きたかったバレッタの時はほとんどの人が立ち尽くして聴き入っていた。

ルキってすっごく歌がうまい。声量も表現力も豊か。マイクなしでワンフレーズ歌ったんだけど、武道館中に響いた。

あとで日記読んで知ったんだけど、ツアー中色々あったみたいで。

ルキ:おまえら本っ当にムカつくけど愛してるぜっ!

なんかいいなって思った。ガゼットのメンバー(5 guns)とガゼットのファン(6th gun)が一丸となって時にはぶつかり合って登りつめて行く。

ガゼットのメンバーは、ファンに対して、自分たちと対等でいてカッコイイ存在であってほしいと望んでいる。それが目に見えて分かった。

ガゼットファンは半端じゃないね。

アンコールに答えてくれた時。
メンバー全員泣いてた。ガゼットは武道館は今回が初めてで、この「日の丸」の下に立ててライブ出来たことにみんな感動してた。武道館からの眺めって本当に最高だっていってた。ずっとこのままここで歌っていたいって。

クールなイメージしか持ってなかった私はここでも、6 gunsって熱いな、今日は歴史的な瞬間に立ち会うことができて私は幸せモノだと感動した。

枯詩やLINDA、そして未成年をやってくれた時には鳥肌が立った。
------------------------

家に帰ってガゼットのメンバーの日記を見たらルキの日記で嬉しいことがあった。

ルキは武道館の数日前にhideのDVD観ててhideについて語っていた。で最後にhideに向けて、「もうすぐあの日の丸の下にガゼットっつー1つのバンドがでかい事しでかすんで見守っててくれたら幸いです。」

って。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセスカウンタ
プロフィール
HN:
am50%
HP:
性別:
女性
自己紹介:
v-rock大好きです。
hideをこよなく愛し仔雅でhydeistです。LM.Cも大好きになりました★CGとVJやってます。よろしく♪
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
最新コメント
(08/04)
(08/01)
.
(06/06)
(06/02)
(04/11)
忍者ブログ [PR]