忍者ブログ
50% of her diary
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



12/25(火)雅-下剋上-in渋谷公会堂 ~本編~

11月、12月で二日しか休みがない、そんなハードすぎる
スケジュールの中、この日だけは!!って上司にお願いして中抜けして
行ってきました。

雅に言われたポンポン(チアガールで使ってる、あれです)の用意なんて
到底出来る元気もなく(LM.Cにクリスマスカードは頑張って書いたけど)
どうしようか迷っていたら、一緒に行く友達が徹夜で作ってくれた。

しかも、ハイビスカス付きでものすごくかわいかった!
ポンポン部門優勝!ってくらいかわいかった。

ありがとう!○○ちゃん!

それもあってテンション超上がった状態で、一時間押しでライブが始まった。

またまた演出に凝ってた。
オープニング、傘をさした雅太夫が舞い散る桜の花びらと共に客席からステージ入り。

新木場よりまた一段とセクシーになられた気がしました。

長ーいド派手な着物に襟は白のファー。
身長がすごく高くて、顔もすごく派手な雅にしか着こなせないコーディネートですね。
しかも男なのに。
ギターを肩に担ぎあげて。
「気が触れるほど何度もいかせてやるぜ、なんてな」
ギュイーン。

selfish love-
くるくる回ってのけぞってギターをギュイーンと弾く姿は、
この世とは思えない程妖艶でまさにカブキ・ロックス。

この世と思えない程、って思ったこと昔にもあったな。
それはhydeを生で見た時。

この世にいちゃ、いけないんじゃないかって思うくらい、綺麗だった。

実際うちの母(私の出待ちをして偶然生hydeを見た)も
「羽根の折れた妖精みたいだった」
(↑ライブ直後だったから)
って言ってた。

おっと!今日は大幅に脱線しないようにこまめに軌道修正して書かなきゃ!


雅にもどります。

その他にもBMX?自転車のアクロバティックなパフォーマンスがあったり、
黒いサンタ帽のメンバーがいたり、楽屋から生カメラが映し出されたり。

それでいてなつかしい名曲をカブキアレンジで演ってくれたり。
自分革命、ロックの逆襲…やっぱり、昔の曲を演ってくれると、むちゃくちゃ嬉しかった。
私、この時代の曲を初めて生で聴けたから、ほんっとうに嬉しかった。

今の曲やセッションは…正直、この前のライブの延長上にあった気がした。

2003年の下剋上を踏襲しつつ、今までにないライブを、
新しい下剋上を2007年に刻もうとしていた。

その趣旨は伝わってきたんだけど…

この12/25は、この下剋上って名前は、特別だから、
もっと昔の曲をカブキアレンジでしてほしかった
ってワガママなファン心理もありました。

後日、雅はインタビューで、
後半、時間のことばかり気になって、
何曲か演らなかった曲もあるし、セッションも省いてしまった、
あとで録画を見たくなかったくらい、凹んだ。
って答えてた。

なんか、「時間のことばかり気になった」時の雅、伝わっちゃった。
あの空間に酔いしれたかったのに、雅は違うこと考えてるってわかった。

雅もスタッフも「下剋上」に力が入りすぎたって言ってたけど、
自分もそうだったのかも。

楽しみにしすぎた。
実際楽しかったんだけど、もっと欲張りになってる自分がいた。
雅にもスタッフにも楽しんでほしかった。

やっぱライブってナマモノだね。
シチュエーションがいくら整っていても、ステージとオーディエンスが
一つにならなきゃ、温度が一緒じゃなきゃ、ただ「よかった」ライブになってしまう。

なんて、偉そうですが。
(基本、分析好き?私?)

独断と偏見ですが。

ま、それにしてもSelfish loveはどこまでセクシーになっていくのだろう。
ロックの逆襲は本当うれしかったな、かっこよかったな★
見れてよかった。

今度は5/10のワールドツアー行ってらっしゃいライブだ!
握手会もあるし、またネイル頑張ってもらうぞ~


--------------------------------------------

Selfish love-愛してくれ、愛してるから-
(Music/Lyrics 雅)

お前ら全員俺が愛してやるぜ。
溶ろける様な甘いこのメロディーと
しびれる位きつくビートで抱きしめて、
気が触れる程何度もいかせてやるぜ。

なんてな。

お前ら全員俺が連れてってやるぜ。
まだ誰も見た事ない場所(せかい)へと。
夢と共に目は醒めちまったけれど、
まだまだまだ夜はしらけちゃいねぇぜ。
世界は起きちゃいねぇぜ。

もう何がどーなろうとかまわないから
今夜はただただ愛し合おう。

Selfish love
愛してくれ、愛してるから
これが俺の愛し方。

エゴイスティックなこの夜に乾杯(cheers)。

別に永遠など要らないから
今夜はただただ俺の側にいろよ。

Selfish love
愛してくれ、愛してるから
これが俺の愛し方。

俺は俺の為に、お前はお前の為に
そして俺はお前になり、お前は俺になる。

エゴイスティックな俺達に乾杯(cheers)。

--------------------------------------------
PR


12/25(火)雅-下剋上-in渋谷公会堂 ~まえおき~

12/25(火)、雅-下剋上-が 渋谷公会堂(現:CCLemonホール)で行われた。
「下剋上」は、雅が初めてライブをした時のタイトル。
でも私はその2003年の下剋上を知らない。

だから2006年9月「25周年記念公演・東京芸術劇場5Days」の最終日、(この日を最後に雅が渡米、いつ帰ってくるか全く分からない状況で)仔雅が号泣する中、ドンのおじさんに「来年、思い出の場所で会いましょう」って言われても、ピンとこなかった。

それは、昔のことを情報だけで知っている私と、昔から雅と一緒に歩んできた仔雅との違いなんだろう(思い出が強すぎて「渋公」か「野音」か迷った仔もいたみたいだけど)。

私は雅のこと、昔から雑誌で知ってたのに、CDを聴くことをしなかった。
レンタルにあったら借りたいな~誰か持ってる人いないかな~なんて、
バチ当たりなことしか思ってなかった。

でもある日、どうしても聴いてみたくなった。

池袋HMVでメジャーファーストアルバム「雅-miyavizm-主義」を買い、
「阿呆祭り‐アホまつり‐」を好きになった。
すぐさま「雅-galuu-流」、「雅楽-gagaku-」とインディーズの頃のアルバムを掘り起こしまくり、
あの名曲「トメとジュリー」や「一匹狼論」に出会った。

前にも書いたけど、ラルクといいhideといい、いつも遅れてスイッチが入る。
そして軌跡を辿る。ひたすら過去の作品を集めて聴きまくる。
過去の色んな情報も検索しまくる★

検索トランスだ。

そんな時は、名曲と運命の出会いをしたりするので、ものすごく楽しい!エキサイティング!…

なのだけど、やっぱり
「もっと早く行動すればよかった…」と、
自己嫌悪に陥ることもしばしば。


あのmayaと裕地がいた頃の雅のライブ、見たかったな(涙)

今や超プレミアものだ。
どーうひっくりがえっても、もう演らないだろうな。

雅はkavki boizでワールドツアー前だし、mayaはもちろん★LM.Cだし、裕地もkannivalismだし…

それにしても、みんな立派になったなぁ(しみじみ)
…って昔のライブを知らないくせに(一人つっこみ)

でもホント、雅もLM.Cもkannivalismも、あれから素敵な曲をたくさん作ってる。

「歌舞伎男子」に「OH MY JULIET.」に「sugar rainy」に…

って!!!

脱線しすぎました。

月曜の夜中にまったりしすぎました(焦)。

さすがに寝なくては。
夜が明けそうだ~

というわけで次回に続く。
(申し訳ございません)
(新木場)
the beginning of NEO VISUALISM ファイナルとなった新木場STUDIO COAST。
初めて行ったんだけど、デカイ。ハコが無茶苦茶デカイ。

天井も高~くって倉庫みたいで、もの凄い音が出そうな赤いスピーカーが印象的だった。

ステージもでかくって花道もあって、芸者風ダンサーもセクシーでファイナルらしいド派手な演出だった。

初めて雅を見るお客さんも多そうだった。
で、やっぱり、ファイナルって芸能関係者含め多数の方々に対してお披露目する晴れ舞台でもあるんだって思った。

だからいつものライブとは違って、雅に華を持たせたい&ツアーお疲れサマ勝手に打ち上げ的な気持ちで挑んだ。

私は仙台でうつされた(雅からに違いない★)おセンチ風邪が悪化し、立って見届けるだけで精一杯。

雅は超元気で動きまくり。シバキまくり。
新曲2 be wiz UのPVのために何回かリピートして収録したんだけど、私はもう、もう、倒れる寸前。

調子に乗って前半激しくヘドバンしたのもいけなかった。

その上、ちょっと嫌な目に遭っちゃって。
怒る元気もないし、ここで楽しいライブの雰囲気を壊したくないし。
ライブのマナーっていつもすれすれだけど。

自分も気をつけようと思いました。

それでテンション下がっちゃって、具合悪いから立ち直れず。

で、いじけた。

雅がこっち見て笑いかけても、
「例え、この笑顔が自分に向けてじゃなくても、いいんだ」

とか考えちゃって、寂しい笑みを浮かべてみたり。

というわけで、ごめんなさい、
今回はMCもあまり覚えておらずボロボロでした。


挙句の果てに、ライブ終了後、家の鍵とお金を落とし、熱があるのに
夜中、ライブの格好のまま警察にお世話になっていました。

それから一週間寝込んで、全っ然治らなくて、点滴打ったり大変でした。
気持ちもどんより。その後あのF○YDAY。


しばらく雅の曲を聴かなかった。
仙台貨物聴きまくった。
ワンモアゲイ!


仔雅でいることって、時々辛い。
例えば正直言うと、雅が海外にいる時。
正しいのか間違ってるのかわからない報道に迷わされた時。
遠く感じる。

こっちが成長しなきゃなんだけど。


その後、ストイックに制作活動していた雅。
TYKOがブログで心配してた。
TYKO優しいよね。

気持ちは、日本のみんなと一緒にワールドツアー回りたい。
って、雅、最近の雑誌のインタビューで言ってた。

kavki boizから見ても、雅はいつもファンのことを気にしてるらしい。

出待ちでもいつも手を振ってくれる。
どんなに具合が悪くっても。


そんなとこがやっぱり好きで。


「心で繋がってよーな」


辛いけど…やっぱ好きだよー(涙)。

すきだよー
・・・・
・・・
・・
(エコー風)


そんな暑くてほろ苦い2007年の夏でした。



(吉祥寺)

仙台から帰って、速攻オークションでチケット探し、前々日に出品がでて前の日に落札。当日現地で引渡し。

「チケットを獲得する心得」
①とにかく、オークション、掲示板をマメにチェック
(特に期日が迫っている場合、ほんの一時間で運命が分かれたりする、
今回それで一度逃した)

②最後まであきらめないこと

という二カ条(少なっ!)大事だわ~と思った。


ライブスタート。

--------------------------------------
雅:(正確じゃないかも、すいません)

ただいま。いろんな意味でただいま。

俺仙台で泣いたの知ってる?(会場:知ってるー)
あの時、こんなとこで泣くとは思ってなかったんだけど…だってまだまだスケジュールあるし。
男の子だし。
だって男の子は人前でないちゃ駄目でしょー?(テレながら)
でもなんかロスでの生活とか、いろんなこと思い出しちゃって…

会場:(雅ーガンバレー!とか)

雅:(恥ずかしくなり後ろ向いてドラムのところに水を飲みに行く)

ま、病院ではなんとかかんとかいう病名がついたんやけど、でも

そんなのかんけーねぇ凸(▼皿▼メ)

--------------------------------------
前にも書いたんだけど、雅、ファンの前ではすっごい優しい顔してしゃべってくれる。
不特定多数に向けて配信されるメディアの動画と全然ちがう。
そういう視点で、動画を見ると、ちょっと楽しい(雅ごめん)。ちょっと優越感。

そんなのかんけーねぇの時は、かなりの照れ隠しで雅、挑発してみせてたんだけど、会場は超爆笑。


さらに、
--------------------------------------
雅:この爪ぴっかぴかでしょ~?

今日はこの爪の秘密を教えちゃうよ~、こっちの手だけ、爪短いでしょ?
これはこうやってギターの弦ちゃんと押さえられるように短いねん。

(会場の一人:(ぼそっと)ああ、知ってる)

雅:なんでお前が知ってんねん!?

--------------------------------------

これも、照れ隠しだと思うんだよね。


ライブは、仙台の時の鬼気迫る雰囲気とは一味違い、全て乗り越えて今ここにいる、っていう貫禄のあるライブだった。

ただ、今回は「愛しい人」のところでボロ泣きしてしまった。
心にぎゅんぎゅん来た。

照明も雅だけを照らして、なんか宇宙に思えた。
感覚が宇宙に飛んでいくような。
ラルクの時といい、音楽って時々時間や空間を越えるんじゃないかと思う。

そしてロマンチックなことを考えてしまった。


例えば、自分は、この会場のような暗闇の中、一人、何億光年も漂っている小さな星で。
雅は一瞬だけすれ違った、大きな明るい星で。
果てしなく暗い宇宙で、暖かい光に一瞬包まれた感じ。

あの一瞬の光が、とてもまぶしくて優しかったから、これからまた同じ暗闇が続いていても生きていける。


なーんて星の気持ちになってみた。

それくらい、アマ~い「愛しい人」だった。
それくらい、にく~い照明の演出だった。
ここまで表現できるようになった、一周りも二周りも大きくなった雅。


あんな無敵にかっこいいのに、照れてる雅を見れた。
元気になった雅を見届けた。
そして、ものすごく甘い「愛しい人」を体験できた。
大きくなった雅を実感した。

吉祥寺、本当に来てよかったなって思った。

ちょっと似た感じのyoutube載せときます。


---------------------------------------------------

愛しい人(ベタですまん。)
(Music/Lyrics 雅-miyavi-)

愛しい人・・・泣かないで、笑ってみせて
涙がみたくて「好き」って言ったんじゃないんだよ?

愛しい人・・・大丈夫、淋しくなんかないでしょう
だって貴方が淋しい時、僕も淋しいんだよ?

(うそピー)

愛しい人・・・とじた目は、まだあけちゃ駄目だかんね
そのまま・・・そのまま・・・って寝ちゃ駄目だよ。

愛しい人

「貴方の為なら死ねる」じゃなくて「貴方の為に生きる」事にしたよ
もちろん貴方もご一緒に。
この先も、その先も。

もっと自分(あなた)愛してやりなよ、僕はその余った分でいーから。

愛しい、愛しい人

たとえ生まれ変わったとしても、僕は「この」僕でいるから貴方も「その」貴方でいてね。
そして、また同じ台詞(こと)言うんだ。
ずっと、ずぅっと。

愛しい人・・・ゆっくりその目あけてごらんよ。
いつもと同じでしょう?


それでいいんだよ。

---------------------------------------------------
雅-the beginning of NEO VISUALISM-

7/17(火)横浜 club lizard yokohama
8/26(日)仙台 sendai neo brothers
8/31(金)吉祥寺 kichijoji star pine's cafe
9/2(日)新木場 sinkiba studio coast

結局、四日間参戦しちゃった。

前半横浜は7/17のブログに書いたんだけど、んもう、ありえない体験が出来て、夢のようでした。
でも後半仙台からの思い出の方が、今強く残っている気がする。

(1)仙台
仙台の前の日はラルクの富士急で、ぐったりして帰ってきたわけで。
そのまま気合いで起床、ライブ準備をして朝9時にバスに乗り込み、3時ごろ仙台到着。

その日は今思えば一番の猛暑だった。
うだるような暑さの中、会場を探し全身黒のライブ服とマーチンのブーツで歩いた。
意外に駅から遠い。ず~っと歩き続ける。セミの声、ゆらゆら地面からあがる熱気、大きな荷物。
熱中症一歩手前、なんか青春だったなぁ。

仙台は、私の中で、いつも何かが起こる場所だった。
piece & smileの時は雅が超ハジけてドラムセットに飛び込み、hydeはsakuraと一緒にステージに立った。

今回はthe beginning of NEO VISUALISMの地方ラストでもある。

何かが起こるんじゃないかな、って思ってた。

ライブスタート、すごい狭くてびっくり。これじゃ全然後ろは見えないよ、と思った。
でも雅、ごめんこっちから後ろ全然見えないけど、音を体で感じてほしい、的なことを言っていた。
(あやふやでほんとスイマセン)

雅、北海道の時から体の調子がものすごく悪かったみたいで、にんにく注射2本打ってこのライブに挑んだらしい。
そのことを雅が言ったら会場から即座に
「くさい」
と、つっこみが。

雅もこんのやろう!みたいな顔をして「あのな、言っとくけどお前らの方がよっぽど汗臭いわ」
って言い返してた。

超アットホームで、すごいノリノリの会場。
雅も「仙台、すごい元気いいねー」ってほめてた。

でも後半、そんな余裕が雅にもこっちにもなくなってきた。

壮絶なライブだった。
Are you ready to ROCKの時、あまりにすごくて私は音で完全にトランス状態になった。

なんか、自分が音符(♪←これ)になった気分だった(いや、まじで)。

で、途中で雅側が会場をあおる場面があるんだけど、なんとその前に会場のたぶん見えてないくらい後ろの方から

「かかってこいや~!凸(▼皿▼メ)」

と、えらくドスのきいた声(♀)が。

雅もこっちも真剣勝負だった。

雅「これ以上演ったら、死ぬわ」
って言ってたんだけど、最後、本当に倒れた。

みんな一瞬、息を呑んだ。
床にぺたりと座り込んで、そのまま後ろに倒れた。

静まり返ってから、「雅…頑張って」って心配そうにささやくファン。
しばらくして雅はなんとか立ったけど、もう苦しそうで苦しそうで。
立ってるのがやっとなのに、ありったけの力を振り絞って歌ってた。

そして、その苦痛に歪んだ顔が泣き顔に変わった。
こっちはもうびっくりで「頑張って!頑張って!雅!雅!」って大きな声で言うしかなくて。
雅、最後まで演りきった。
前代未聞のステージはこれで終了。

出待ちも雅はいつもファンに手を振ってくれるんだけど、今回はよく見えなかった。

で、出待ち最前にいた仔雅ちゃん達に聞いた話によると…

雅、もう一人で歩くことが出来なくて、まるでマネキンのようにスタッフに抱きかかえられて車に乗ったらしい。
で、車の窓、曇りガラスで外から中、見えないのに、一生懸命、窓ガラスに手をつけてファンにバイバイってしてたらしい。

そんな壮絶なバイバイされたら、心配で心配でいてもたってもいられない。
もう吉祥寺、まだチケット無いけど行くしかないなと心に決めた。

(つづく)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アクセスカウンタ
プロフィール
HN:
am50%
HP:
性別:
女性
自己紹介:
v-rock大好きです。
hideをこよなく愛し仔雅でhydeistです。LM.Cも大好きになりました★CGとVJやってます。よろしく♪
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
最新コメント
(08/04)
(08/01)
.
(06/06)
(06/02)
(04/11)
忍者ブログ [PR]