忍者ブログ
50% of her diary
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



現時点までの足跡を駆け足で振り返る。

今日こそは!!

そうです、私はA型です。
過去を省略するなんてできないのです。

①2/7 代々木第一体育館 theater of kiss 二日目

前回に続き2月はラルクのtheater of kissに行ってきた。
チケット4公演くらい申し込んだのに、相変わらずすべてハズレ。

友人から譲ってもらった一公演分だけ参加できた。

ラルクのチケット、ここ1、2年ことごとく外れてきたので、
今回も「あーまたか。もういいや」って、かなーり温度が下がってた。

しかもゲネプロも公開してチケットを売り出したことには抵抗を感じていた。
3万円のプレミアムシートも、もはや当たり前になりつつあって。
あ~なんかショービジネスってやつですか?ってかなり醒めた心でライブに参加した。
これが最後かな?なんて思いながら。

ライブ自体はクリスマスのアットホームな感じで、でもセットはかなり凝っていた。
そして、映像のクオリティが相当上がっていることに驚いた。

フルCGの雪原にクリスマスツリー、メリーゴーランドやアリスに出てくるようなウサギ。
ハイドとユッキーの間に浮かびあがる人魚。

その映像に負けない存在感と音楽の完成度の高さ。
やっぱりモンスターバンドだ、って思った。

で、やっぱりこれからもツアーがあったら、一日くらいは行きたいなって、思った。

この頃は、こんなのんきなことを考えていた。



②5/31-6/3 L'7 Trans Via PARIS 東京ドーム、6/8大阪ドーム

ラルクが初のワールドツアーを始めた頃、新聞発表で次のツアーは2011年だということを知らされた。
6/8を最後に3年間ライブ活動を休止する。

人間って、私って勝手ね、と思うくらい、一気にシリアスムードに。
東京ドーム、3日間全て当たってしまい、逆に誰かに譲ろうか、なんて思っていた矢先の出来事だった。
結局全部行ってしまった。大阪まで行ってしまった(ごめんママリン!)。

タマシイは3日間東京ドームに置いてきて、その間毎晩、バンギャ仲間と酎ハイ片手にラルクの今後について語った。
そして、三年後の自分達も。

ライブ活動休止に関して、色々憶測をしたけど、最後は、
HYDEやteっちゃんや石田純一の言葉で一安心。

-------------------------------------------------------

石田純一 in 幕間のミニドラマ

どうも。石田純一です。
ここでラルク・アン・シエルの今後について発表します。
このツアーの後、ソロ活動するものもいますが、
メンバーは個々の活動に入ります。

バンドとしては新曲のリリースなどはあるかもしれませんが、
2011年までライブはたぶんしません。
解散、活動休止がブームの昨今ですが、決して解散や活動休止ではありません。

なぜなら「ラルクは文化だから」です。
(会場:大歓声)

-------------------------------------------------------

ハイド(ちょっと言葉ちがうかも、だけどこんなニュアンス)in 大阪ラスト

このバンドってすごく高飛車なバンドで、外から求められるまで自分からは行かないんだよね。
大阪にずっといた時も、東京で求められるまで行かなかった。
そして、今回、海外でいろんな国で愛されてきて、いろんな国のファンの人たちが、
僕達のことを待っているってことが、わかったから、
三年後はもっと大きな船で(今回のセットがパイレーツみたいな木造の船だった)帰ってくるから、
みんな期待してて待っててください。

-------------------------------------------------------

てっちゃん in 大阪ラスト
(バナナ投げてから)
まったね~(またね!のteっちゃん語)

ありがとぉ!

-------------------------------------------------------


メンバーみんな出てきて最後に手をつないで万歳してた。
すっごくいい笑顔だった。

このライブは亡霊がでてきたり、船が燃えたり、水面がゆらめいたり、とっても素敵で。
やっぱりラルクは最高だと実感した(私って調子良すぎる…)。



私達は、きっと三年後も、変わらずこのメンバーでラルクとの再会を祝っていると思う。
でも、三人とも全く変わらないのは嫌だよね~
一人くらい結婚すればいいんじゃない?
なんていいながら、和民でバカ騒ぎをしていた。
PR



かなり昔の話だが、ラルク8/25(土)富士急コニファーフォレストに行ってきた。

夏のラルクは、複数会場を申し込んだのに、全滅。
クジ運のいい友達にお願いして、やっと取れたのがこの日だった。

当日交通は大渋滞、ローカル線も車両故障で急遽富士急ハイランドまでの
直行バスが出るほどのパニック状態だった。
帰りも、まともに電車を待ってると野宿になるところだった。
交通事情に慣れた見知らぬ方のお陰で、タクシーに相乗りしてなんとか、帰ってこれた。

その中で、今回どれだけチケットが入手困難だったか、という話になった。
私は全滅、その前も、その前の前も、ラルクは全滅。
乗り合わせた子も、今回20万円分申し込んだのに全滅だったと。

あまり、多く申し込むと、商業目的と思われちゃうのかな?
私は何かブラックリストに載ってるのだろうか?
(もちろん何もしてません)

と、車内でちょっと凹んでしまった。


これだけチケットが取れないと、いじけたくもなるさ。
はい、年末年始も、全滅ですよ。

以前は、少なくとも東京は全部行きたい!って思ってたのに、
最近はどっか一回行ければいいや、って思えてきた。

その一回も行けない状況に対して、
選択の余地無くラルクのおっかけを「あがる」ことになるのかな、
とも思えてきた。

アルバムとDVD買えばいいかなって。
ビックになりすぎて、いよいよ手が届かないんだなって。


そんな複雑な気持ちの中、ライブスタート。
一番聞きたかったSEVENTH HEAVENが一番初めだった。
新たな試みが所々に見受けられて、hydeのセクシーダンスもステキ。
いつもかっこよく変わり続けている、ラルク。

始まるとやっぱりキャーっと舞い上がり、超のりのりになっていた私。
でもどこかに今までとは違う冷静な自分もいたりして。

hyde、野外って本当に気持ちいい、みんなの後ろに月が見える、的な話をして。
大好きな曲聴いてください、って言った後に叙情詩が流れた。


この時、思った。
綺麗なステージと星空、そして後ろに満月。静寂の富士の樹海に流れる美しすぎるメロディ。
ラルクの思い。みんなの思い。

私は富士急ハイランドがあまり好きではない。
今回初めて来たけど、思っていた通りなんかどんよりしている気がする。
それは怖い話の影響があるんだけど、富士の樹海が近いから。
(霊感ないですけど怖がりです。)

でも、行き場のないタマシイも、無念だった人達の想いも、この綺麗な音楽で癒されたらいいなって、
みんなの元気なパワーで少しでも悲しみや怒りが和らいだらいいなって思った。


季節は色を変えて幾度巡ろうとも
この気持ちは枯れない花のように揺らめいて
君を想う


そして例え、ラルクのライブに行けなくなっても、これから私の何が変わろうとも、
自分の命が宇宙の中のほんの一瞬でも、
今感じている、この日この場所で聴いた、この曲に対する想いは永遠なんだ、

って思えた。

優しい風が気持ちいい夜だった。


------------------------------------------------------------------

叙情詩
(words: hyde music: ken)

季節は色を変えて幾度巡ろうとも
この気持ちは枯れない花のように揺らめいて
君を想う


奏で合う言葉は心地よい旋律
君が傍に居るだけでいい
微笑んだ瞳を失くさない為なら
たとえ星の瞬きが見えない夜も


降り注ぐ木漏れ日のように君を包む
それは僕の強く変わらぬ誓い
夢なら夢のままでかまわない
愛する輝きに溢れ明日へ向かう喜びは
真実だから


The love to you is alive in me. wo- every day for love.
You are aside of me wo- every day.


残された悲しい記憶さえそっと
君はやわらげてくれるよ
はしゃぐように懐いた柔らかな風に吹かれて
なびく鮮やかな君が僕を奪う


季節は色を変えて幾度巡ろうとも
この気持ちは枯れない花のように
夢なら夢のままでかまわない
愛する輝きに溢れ胸を染める
いつまでも君を想い


The love to you is alive in me. wo- every day for love.
You are aside of me wo- every day.


------------------------------------------------------------------



いや~

まったく。

よかったよかった。

2007年はネオ・ビジュアル元年やで~


と、雅JAPANに目が離せなくってラルクの15周年ライブの感想を書いていなかった。ごめんラルク。これだけは書いておかなきゃ年が明けないので、今更ですが書かせてください。(MCが曖昧なところもありますがご了承下さい。)

2006年11月25、26日と東京ドームで行われた15th L'Anniversary。
夢のような二日間だった。
ドームがタイムマシーンになってて、各年代ごとにタイムスリップ。
the 4th avenue cafeからスタート。
昔から現在に至るまで、ラルクの時代ごとに4,5曲づつ全部で30曲近く演ってくれた。
ステージも衣装も時代ごとに変わり、なつかしい映像やCM(「シェルじゃなくてシ・エ・ル」とか)が出てきて。
演出も貞子がでてきたり、STAYAWAYダンサーがでてきたり、無茶苦茶凝っていた。

その当時が鮮明に蘇るようだった。

そして、今日は会場のみんなのためにご奉仕してくれるらしく、ユッキー以外の3人には「ご主人様」と呼ばれた。びっくりした。

---------------------------------------------------------------
hyde: 今回は15周年ということで、投票で演奏する曲が選ばれましたが、結果、結構マニアック?
定番の曲をことごとくはずしてくれて(笑)

(metropolisが選ばれたことに対し)ご主人様もいやらしいのがお好きですね


ken: 私はAll deadが好きで。ライブの時いつもみんなで演奏する曲を決めるのですが、毎回演りたいんだけど言い出せなくて何年も経ってしまいました(笑)(今回演ることになって)ご主人様と言っときながら、勝手なことをしているメイドなのですが(笑)


tetsu: …ご主人様(はぁと)

---------------------------------------------------------------

teっちゃんの言い方がすごくかわいかった。
こういうこと絶対言わないラルクだけに、「ファンやっててよかった」と幸せをかみ締めた。

30曲近く、ちょっとの休憩しかとらないで、衣装沢山変えて演奏、その声もリズムもメロディーも全然狂わなくって、疲れも見せない、その凄さにも圧倒された。

そしてユッキーの言葉に泣いた。

ラルクの歴史の中には僕がいない時もありますが、これからのラルクの新しい歴史を一緒に歩んで行きたいと思います

今回、sakuraの居た頃のラルクの曲も沢山してくれた。
ユッキーは「僕の知らない曲もあって覚えるのが大変でしたが、どれもいい曲ばかりで、本当にラルクアンシエルっていい曲が多いなと思いました」とコメント。

kenちゃんは(ユッキーが知らない曲っていうけど、)僕もまったく覚えてなくて知らない曲でした、的なニュアンスのコメントをして。

みんなメンバー思いで、作り上げてきたラルクアンシエルっていうバンドを愛しているんだな。と感動した。

hydeが最後に
当時まわりにいたバンドはみんないなくなってしまった・・・。
この15年間、くじけそうになった時もあったけど、メンバーとスタッフとみんながいてくれたからここまでやってこれました。ありがとう。

そして虹。

15年。どの時代のラルクもいい曲を作っていて。今回採用されなかった曲の中にも定番の他にも名曲があって(AS ONEとかtwinkle, twinkleとかI wishとか)メドレーしてくれたのに足りないくらいだった。

本当に凄いバンド。曲の素晴らしさももはや殿堂入りだけど、hydeのかっこよさも伝説級だと思う。

名づけるならキング・オブ・セクシーといったところでしょうか。
というわけで、今回演らなかったけどAS ONEで軍服hydeをご紹介!

こうして今年もV-rock街道まっしぐらなわけです。
faith横アリ   hydeist friend

8/26, 27日の二日間はhydeのfaith横浜アリーナに行ってきた。

この二日間が終われば残りのライブは沖縄の9/2のみ。

しかし沖縄は打ち上げのライブにするそうで、faith tourの佳境、集大成としてはこの27日だったらしい。私もこれが最後。

27日はカメラも入っていたけど、メンバーもオーディエンスもそんなこと関係なしにかなり気合入っていた。ビンビン伝わってきた。

セットもアリーナならではの大規模セット。
ゴシック様式の教会に映像がシンクロしていく。
the othe side、prayer、faithがずしんときた。

音も、ダイナミック。
本当はこんな大きなところで更に映えるバンドなんだな、っていうか小さい会場に来てくれてた今まで自体がすごかったんだなって。

でもこれにはhydeバンドだけじゃなく、ツアー中ずっと付き添ってきた音響さんが凄いんだ、って思った。ハコではハコならではのかっこいい音があったし、アリーナはアリーナの壮大な音があった。
きっと音だけじゃなく随所随所でスタッフの一人一人がいい仕事しているんだな。

26,27日の印象に残ったMCをまとめると

---------------------------------------------------------
hyde : 今日はトドメをさしに来ました
hyde : 夏なのにこんなとこいていいの?
(会場:いいよ~の言葉に対し)
hyde : じゃあ熱くなろうゼ!(←ちょっとあやふやですスイマセン)

---------------------------------------------------------
hyde : この地球のある太陽系は銀河系のほんの一部で、
    その銀河系も宇宙のまたほんの一部。
    人間なんてまだ月にしか到達できてない。
    宇宙からみたら人類が生きていた期間なんて点くらいのもの。

    この宇宙でこのときこの場所でみんなで一緒にいるって凄いこと。
    今だに戦争はなくなっていないけど、少なくとも
    ここにいるみんなは憎しみあわないで、愛し合おう。

(会場:キラキラ★)

----------------------------------------------------------
furuton : 俺達(hydeバンド)は音で一つになってるけど、お前らも一つになりたいよな~?
    じゃあもっと来いよ!行けるか~?行けるよなぁ!

(会場:オ"-ッ)

----------------------------------------------------------

hydeの宇宙の話、一番初めの4月のクラブチッタの時にも話してて。
その時は、あまりに唐突でスケールが大きかったので、オーディエンスからも突込みが入ってたんだけど。最後にしてみんなが真摯に受け止めることができた。
hyde最後まで同じメッセージを伝えたかったんだなと、感動した。

hyde側だけでなくオーディエンス側も成長したと思う。
私なんてツアー前半、あまりにもライブ中ドつかれたらそっちにイラッとして、曲に集中できないことがあったりした。でもそれが一番もったいないことで、みんなライブを楽しみたい気持ちは一緒なんだし、それぞれ楽しみ方も違うし。その気持ちがみんなを一つにさせていった。

特に27日は私のいた後ろのブロックでも、相当みんな飛んでた。
楽しさが伝わってきて、そこに居て幸せな気分になった。
made in heaven、masquerade、it's sad、midnight celebration、dollyがきたらみんなほとんど縦ノリ。

今でもi podでその曲のイントロが始まると、血の流れが良くなる気がする。オーバーに言うと同じリズムで血が流れだす気がするくらい。

hydeはおじいちゃんになってこの楽しい思い出を一つ一つ思い出していきたいっていってたけど、hydeistの老後も明るい気がする。
この夏、体に刻んだビートがおばあちゃんやおじいちゃんになっても忘れられないんじゃないかと。666やfaithの曲が始まると血行良くなって、ピンピン縦ノリするのでは…
「発作じゃないでよ、わしが若かった頃はのう~」なんて言いながら、入れ歯あらかじめとって、縦ノリヘドバンをきめこんだらかっこいいな~
そんなハッスルばあちゃんになりたい。

それくらい、熱い夏でした。

faith総括。
こんなにヘヴィで洗練されてて耽美的なバンドは日本にはいない!
Jesus christ大好き!ハコライブ最高!
hydeはソロも凄い!そして…セクシーさはとどまるところを知らない。


50本以上演ってきたhydeとメンバー。
ここ仙台で狭いライブハウスでのFAITHは終わる。
残すところアリーナ等6本のみ。

今まで散々観まくってきたのだけど、それでも終わるのは淋しい。
特にこれからのことを考えたら…

毎回hydeは目標を持ってライブをしてきている。

ROENTGENではアコースティックなので演奏会
666ではライブがしたい!
FAITHでは666から追求していたライブの集大成、そして全国のhydeistに自分から会いに行く

だからFAITHが終わったらしばらくはもう、こんなに近くでライブしてくれないんじゃないかな…とちょっと不安になる。


いや、今は考えまい。ライブに集中しよっと!

北海道より、より息が合っていた。
で、心を許しあってる感じ。

旭川の時にも書いたけど大好きなJESUS CHRISTをライブハウスで聴けるのもあと2回。
耳に焼き付けようと思うのにいつも初めのほうで演ってしまうのが残念。

アレンジが加わって、印象が変わってきた楽曲もあって。
常にhydeがめざすFAITHライブに向かって今も変化してるんだな、と思った。

ただ29日に比べて30日のライブが断然すごかった。
hyde、kaz、hirokiが揃って前に出てきて煽ってヘドバン。
三人とも一緒にジャンプして、あうんの呼吸だった。


MCもかなりアットホーム。
hydeがよく話してくれた。打ちとけているというか、ものまねでは打ち砕けていた(?)。

hyde:牛タンって人の名前っぽくない?
会場:???
hyde:「ぎゅう~タン!」って感じでしょ?

hyde:海で死にかけたことがありまして
   友達と浮き輪で浮いてたらテトラポットの方にどんどん流されて
   その波で頭がテトラポットにガンガン打ち付けられて…
   一緒に居た友達が初めて聞くようなすごい声で「タスケテ~」と
   それで助かりました

30日はサルバドス・パンチョスも登場!
ちょび髭つけてドンタコスみたいなメンバーが熱いパフォーマンス。
hydeの声が広川 太一郎になっていた。
会場は大爆笑なのに本人達は全然笑わないであのkazまで超真面目に踊っていた。

hyde得意芸のものまねも披露。

まんがにほん昔話にでてくるおじいちゃん
どらえもん
北の国からの五郎さん
ドラゴンボールの孫悟空(これはあんまり似てなかった)

ものすごく似ていた。
顔を見たかったんだけど会場に背を向けていた。
どんな顔して言ってるんだろう?
あの顔からこの声が出てくるのが信じられなかった。

ライブ中hydeはたくさん笑ってた。
充実感を感じているのかな。
ここまできたっていう。

それが感じ取れて、はるばる仙台まできた甲斐があったな~と。
ライブ後そんなことを、hydeistと乾杯しながら考えていた。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アクセスカウンタ
プロフィール
HN:
am50%
HP:
性別:
女性
自己紹介:
v-rock大好きです。
hideをこよなく愛し仔雅でhydeistです。LM.Cも大好きになりました★CGとVJやってます。よろしく♪
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
最新コメント
(08/04)
(08/01)
.
(06/06)
(06/02)
(04/11)
忍者ブログ [PR]