忍者ブログ
50% of her diary
[27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

miyavi-5days0918

17日までは、めそめそしていたけど、18日は笑って見送るぞと気合を入れて参戦。
会場全体も同じ想いで一つになっていたと思う。


---------18日セットリスト(ところどころ自信ないです)-----------
Selfish love
自己至上主義者の成れの果て(Instrumental)
GigPigブギ
Are you ready to ROCK?
How to love
僕は知ってる。
君にファンキーモンキーバイヴレーション
プリーズ、プリーズ、プリーズ。
(未発表曲)


(未発表曲)
♪の手紙"ONPU-NO-TEGAMI"
あしタ、元気ニなぁレ
(即興)
俺達だけのファイティングソング(通称:ネバギバ)
不眠症の眠り姫
自己愛、自画自賛、自意識過剰(Instrumental)CM
Are you ready to love ?
We love you~世界は君を愛してる~
“愛してる”からはじめよう
-----------------------------------------------------------


久々に、ここからはドキュメンタリー形式(長!)でお楽しみください。


真っ暗なステージと会場を隔てる薄いスクリーン。
「individualism」の文字が浮かび上がる。
「…孤高を楽しめばいい。そして 愛してくれ、愛してるから」でスクリーンの向こうに雅が現れる。

開演前から緊張しまくって、雅が現れてすぐに泣いちゃう子もいた。
実は私もだったりして。もう初めから感極まってました。

狭い高台の上でギターをしばきまくる。
不敵な笑みを浮かべて。
靴とギターがミラーボールのように光る。
Selfish love。「お前ら全員 俺が愛してやるぜ。」
エゴイスティックな夜が始まった。

instrumentalもgigpigブギもアコギ一つでこんなにカッコイイなんてびっくり。ギターかきむしりながら踊っちゃうのに、声もギターも乱れない。プロ魂。なんて器用なんだろう。どれだけ練習したんだろう。ここまで来るのに。

How to loveではタップダンサーと凄く早いリズムでコラボ。
タップダンサー、この一曲で寿命縮まるんじゃないかってくらい早いタップ。しかもバッチリ息が合っていた。恋に翻弄される詩と操り人形のように滑稽なダンスが合っている。靴のすれる音もドラムにはない効果なので、新鮮だった。タップがパーカッションになるなんて!

僕は知ってる。は一人で弾き語り。詩がコーヒー屋さんの恋物語で、お話の世界に入り込んだ感じ。ここでは一転して優しいギター。でも難しいことやってる。指を弦にあてるだけで鳴る何とかっていうテクニックとか。ギターやってる人なら高度なワザの連発に目を丸くすると思う。

君にファンキーモンキーバイヴレーションはヒューマンビートの人とコラボ。ヒューマンビートの人のリズムのとり方がかわいかった。黒スーツに白い帽子、白い靴がかわいかった。でもセッションはもの凄くカッコイイ。迫力があったし一番息が合ってたと思う。雅もずっとその人のこと見てて、すごく楽しそうだった。コラボちょーたのしーって顔に書いてありそうだった。

プリーズ、プリーズ、プリーズ。では唯一の女性パーカッションとコラボ。オンナゴゴロを表した切ない詩に女性パーカッションってところがにくい演出。初め彼女に戦いを挑んでいるギター侍に見えた。でも、彼女と向き合って、近寄ったり離れたりして訴える雅。「バカだって事ぐらいわかってる、わかってるから もう少し、もう少しだけバカな娘でいさせてよ」この曲好きだ、と再認識。

タイトルの付いてない曲を二曲。
一つはスクリーンに映し出されたギター雅とステージのボーカル雅がコラボ。毎回どっちを見ていいのか焦る。キョロ度数アップ。渋い。会場に訴えかける様に歌う雅。歌も上手くなって、「どうしてこの人はこんなに急速に複数のことが上手くなれるんだろう。」と思う。

こんなに色んな人とコラボしてるのに、どれもステージとして見劣りしない。どの相手も表現者として一流だからだろうし、それを引き出して自分のものにする雅の芸術性に脱帽。

芸術的な独奏会。音楽史に載せてほしいくらい。
(褒めまくってます。)

未発表曲のあとはなんと!5日目にして初めてのピアノ弾き語り。
その曲は…
♪の手紙
雅のピアノ演奏を初めて観たので感動した。
ここまでずっと雅歌やMYV★POPSだったのにいきなりインディーズ時代の名曲を演奏するなんて。
しかもこんなに上手いし!泣けといっているようでした。

綺麗なメロディーに浸っていると!!
「そして、僕達は、変わる事なく、変わり続けるのだろう」
と語った雅。
あしタ、元気ニなぁレだった!
これもインディーズ時代の名曲。
このタイミングで歌われたら泣くしかありません。
「いつもここに居るから」
確実に半数以上が泣いてました。

そのあと「泣くなよ~」と笑って手でジェスチャーする雅。
きっと、泣かせるつもりだったに違いない。


雅:「え~この会場は基本全席立ち見禁止で…」
の合図に全員立ち上がる。

「ロックしてぇか?」
もう座ってはいられない。
こんなに泣いてしまったら残りは跳ぶしかない。

ネバギバ、不眠症の眠り姫、Are you ready to love 。

アコギなのに芸術劇場なのに、ライブハウスになってしまった。
「跳べ!」
ドレスもヒールもお構いなしに、一丸となって縦ノリ。ヘドバン。
すごくすごーく盛り上がった。いや~楽しい!

雅:「俺のこと好き?」
(会場のスキーに対し)
雅:「じゃあ隣の人と手をつないで」

We love you ~世界は君を愛してる~が始まった。
ここで会場からサプライズが!
「we love 雅」と書かれた赤いハートの紙を800人が掲げて一緒に歌った。

雅:「おっスゲー。超キレイ」


その後。雅コールが鳴り響いた。こんな声、ラルクの7days以来。
終わりに近づいてるから、終わってほしくないから。
それをうつむいてじっと聞いている雅。
「もっと聞かせてよ」
800人全員が叫んでいるような、すごい声。
ずっと止まらなかった。

「雅、ありがとう」
「雅、愛してる」
「雅、大好き」
「雅、行ってらっしゃい」

雅:
「この5daysを通して自分に足りないものがわかった。それは愛でした。
独奏というスタイルで一人片意地はって頑張ろうとしてたけど、結局一人じゃないんだってわかった。
このライブ、全然どうなるのか見えてなくて、心配で眠れない日もあった。でもこうやって5日間やってきて、オレ間違ったっていいと思った。それでもメンバーが何とかしてくれる。すごいそれで楽になった。失敗していいんだよね。それは失敗じゃないんだよね。何でかっていうと、スタッフや、メンバー、ファンの皆が時間を割いてここに集まってくれた時点で、成功なんだよね。ありがとう。愛してるぞ。」

最後の曲、"愛してる"からはじめよう
途中で雅「ありがとう」をたくさん言ってた。あと「みんなも頑張れよ~」と。

幕が下りた後、もう一つ会場から雅へサプライズをした。

Dear my friend大合唱。

-----------------------------------------------
Dear my friend
空を見なよ、僕らは同じ空を見てんだ。

遠く離れてても 同じ地球(せかい) 同じ世代、
海と空の様に僕達もどこか繋がってられたなら

Dear my friend
この雲を辿っていけば君の街へ続いてるのかな

-----------------------------------------------


ボロ泣きしたけど笑って送り出した。
みんなそう。
サプライズ企画してくれた人、ありがとう。
それを聞いて手伝った人もありがとう。
参加した人もありがとう。

みんなの想いは一つ。

行ってらっしゃい~雅!

全員でこんなにまとまって元気に送り出せてよかった。

隣の人とも手を繋いで、一緒に歌っただけで、同じ願いが叶えられただけで、幸せだった。
幸せって自分で作り出せるんだ。

それを教えてくれた。

そして、歌は人と共に成長していくと思った。
We love you ~を聴くと今でもあの時の光景が目に浮かんで幸せな気分になる。

いやぁ、音楽って本当にスバラシイですね。





…と、実は幕が下りた直後、ドンのおじさんからアナウンスが。

ドンのおじさん:(はいドン)告知はありません
(会場「エー」)
ドンのおじさん:本人が伝えた通り、雅の今後の予定は未定ですが…
ただ一つ言えることは…

「来年あの思い出の場所で会いましょう」


ひゃっほう!!!

来年までバージョンアップ仔雅になって
ものすごい笑ってライブ参加するぞ!暴れるぞ!はっやっぞ!
(仕事もばっちりがんばるぞ!)

という目標ができました。えへ。
お騒がせいたしました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アクセスカウンタ
プロフィール
HN:
am50%
HP:
性別:
女性
自己紹介:
v-rock大好きです。
hideをこよなく愛し仔雅でhydeistです。LM.Cも大好きになりました★CGとVJやってます。よろしく♪
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
最新コメント
(08/04)
(08/01)
.
(06/06)
(06/02)
(04/11)
忍者ブログ [PR]