忍者ブログ
50% of her diary
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



(吉祥寺)

仙台から帰って、速攻オークションでチケット探し、前々日に出品がでて前の日に落札。当日現地で引渡し。

「チケットを獲得する心得」
①とにかく、オークション、掲示板をマメにチェック
(特に期日が迫っている場合、ほんの一時間で運命が分かれたりする、
今回それで一度逃した)

②最後まであきらめないこと

という二カ条(少なっ!)大事だわ~と思った。


ライブスタート。

--------------------------------------
雅:(正確じゃないかも、すいません)

ただいま。いろんな意味でただいま。

俺仙台で泣いたの知ってる?(会場:知ってるー)
あの時、こんなとこで泣くとは思ってなかったんだけど…だってまだまだスケジュールあるし。
男の子だし。
だって男の子は人前でないちゃ駄目でしょー?(テレながら)
でもなんかロスでの生活とか、いろんなこと思い出しちゃって…

会場:(雅ーガンバレー!とか)

雅:(恥ずかしくなり後ろ向いてドラムのところに水を飲みに行く)

ま、病院ではなんとかかんとかいう病名がついたんやけど、でも

そんなのかんけーねぇ凸(▼皿▼メ)

--------------------------------------
前にも書いたんだけど、雅、ファンの前ではすっごい優しい顔してしゃべってくれる。
不特定多数に向けて配信されるメディアの動画と全然ちがう。
そういう視点で、動画を見ると、ちょっと楽しい(雅ごめん)。ちょっと優越感。

そんなのかんけーねぇの時は、かなりの照れ隠しで雅、挑発してみせてたんだけど、会場は超爆笑。


さらに、
--------------------------------------
雅:この爪ぴっかぴかでしょ~?

今日はこの爪の秘密を教えちゃうよ~、こっちの手だけ、爪短いでしょ?
これはこうやってギターの弦ちゃんと押さえられるように短いねん。

(会場の一人:(ぼそっと)ああ、知ってる)

雅:なんでお前が知ってんねん!?

--------------------------------------

これも、照れ隠しだと思うんだよね。


ライブは、仙台の時の鬼気迫る雰囲気とは一味違い、全て乗り越えて今ここにいる、っていう貫禄のあるライブだった。

ただ、今回は「愛しい人」のところでボロ泣きしてしまった。
心にぎゅんぎゅん来た。

照明も雅だけを照らして、なんか宇宙に思えた。
感覚が宇宙に飛んでいくような。
ラルクの時といい、音楽って時々時間や空間を越えるんじゃないかと思う。

そしてロマンチックなことを考えてしまった。


例えば、自分は、この会場のような暗闇の中、一人、何億光年も漂っている小さな星で。
雅は一瞬だけすれ違った、大きな明るい星で。
果てしなく暗い宇宙で、暖かい光に一瞬包まれた感じ。

あの一瞬の光が、とてもまぶしくて優しかったから、これからまた同じ暗闇が続いていても生きていける。


なーんて星の気持ちになってみた。

それくらい、アマ~い「愛しい人」だった。
それくらい、にく~い照明の演出だった。
ここまで表現できるようになった、一周りも二周りも大きくなった雅。


あんな無敵にかっこいいのに、照れてる雅を見れた。
元気になった雅を見届けた。
そして、ものすごく甘い「愛しい人」を体験できた。
大きくなった雅を実感した。

吉祥寺、本当に来てよかったなって思った。

ちょっと似た感じのyoutube載せときます。


---------------------------------------------------

愛しい人(ベタですまん。)
(Music/Lyrics 雅-miyavi-)

愛しい人・・・泣かないで、笑ってみせて
涙がみたくて「好き」って言ったんじゃないんだよ?

愛しい人・・・大丈夫、淋しくなんかないでしょう
だって貴方が淋しい時、僕も淋しいんだよ?

(うそピー)

愛しい人・・・とじた目は、まだあけちゃ駄目だかんね
そのまま・・・そのまま・・・って寝ちゃ駄目だよ。

愛しい人

「貴方の為なら死ねる」じゃなくて「貴方の為に生きる」事にしたよ
もちろん貴方もご一緒に。
この先も、その先も。

もっと自分(あなた)愛してやりなよ、僕はその余った分でいーから。

愛しい、愛しい人

たとえ生まれ変わったとしても、僕は「この」僕でいるから貴方も「その」貴方でいてね。
そして、また同じ台詞(こと)言うんだ。
ずっと、ずぅっと。

愛しい人・・・ゆっくりその目あけてごらんよ。
いつもと同じでしょう?


それでいいんだよ。

---------------------------------------------------
PR
雅-the beginning of NEO VISUALISM-

7/17(火)横浜 club lizard yokohama
8/26(日)仙台 sendai neo brothers
8/31(金)吉祥寺 kichijoji star pine's cafe
9/2(日)新木場 sinkiba studio coast

結局、四日間参戦しちゃった。

前半横浜は7/17のブログに書いたんだけど、んもう、ありえない体験が出来て、夢のようでした。
でも後半仙台からの思い出の方が、今強く残っている気がする。

(1)仙台
仙台の前の日はラルクの富士急で、ぐったりして帰ってきたわけで。
そのまま気合いで起床、ライブ準備をして朝9時にバスに乗り込み、3時ごろ仙台到着。

その日は今思えば一番の猛暑だった。
うだるような暑さの中、会場を探し全身黒のライブ服とマーチンのブーツで歩いた。
意外に駅から遠い。ず~っと歩き続ける。セミの声、ゆらゆら地面からあがる熱気、大きな荷物。
熱中症一歩手前、なんか青春だったなぁ。

仙台は、私の中で、いつも何かが起こる場所だった。
piece & smileの時は雅が超ハジけてドラムセットに飛び込み、hydeはsakuraと一緒にステージに立った。

今回はthe beginning of NEO VISUALISMの地方ラストでもある。

何かが起こるんじゃないかな、って思ってた。

ライブスタート、すごい狭くてびっくり。これじゃ全然後ろは見えないよ、と思った。
でも雅、ごめんこっちから後ろ全然見えないけど、音を体で感じてほしい、的なことを言っていた。
(あやふやでほんとスイマセン)

雅、北海道の時から体の調子がものすごく悪かったみたいで、にんにく注射2本打ってこのライブに挑んだらしい。
そのことを雅が言ったら会場から即座に
「くさい」
と、つっこみが。

雅もこんのやろう!みたいな顔をして「あのな、言っとくけどお前らの方がよっぽど汗臭いわ」
って言い返してた。

超アットホームで、すごいノリノリの会場。
雅も「仙台、すごい元気いいねー」ってほめてた。

でも後半、そんな余裕が雅にもこっちにもなくなってきた。

壮絶なライブだった。
Are you ready to ROCKの時、あまりにすごくて私は音で完全にトランス状態になった。

なんか、自分が音符(♪←これ)になった気分だった(いや、まじで)。

で、途中で雅側が会場をあおる場面があるんだけど、なんとその前に会場のたぶん見えてないくらい後ろの方から

「かかってこいや~!凸(▼皿▼メ)」

と、えらくドスのきいた声(♀)が。

雅もこっちも真剣勝負だった。

雅「これ以上演ったら、死ぬわ」
って言ってたんだけど、最後、本当に倒れた。

みんな一瞬、息を呑んだ。
床にぺたりと座り込んで、そのまま後ろに倒れた。

静まり返ってから、「雅…頑張って」って心配そうにささやくファン。
しばらくして雅はなんとか立ったけど、もう苦しそうで苦しそうで。
立ってるのがやっとなのに、ありったけの力を振り絞って歌ってた。

そして、その苦痛に歪んだ顔が泣き顔に変わった。
こっちはもうびっくりで「頑張って!頑張って!雅!雅!」って大きな声で言うしかなくて。
雅、最後まで演りきった。
前代未聞のステージはこれで終了。

出待ちも雅はいつもファンに手を振ってくれるんだけど、今回はよく見えなかった。

で、出待ち最前にいた仔雅ちゃん達に聞いた話によると…

雅、もう一人で歩くことが出来なくて、まるでマネキンのようにスタッフに抱きかかえられて車に乗ったらしい。
で、車の窓、曇りガラスで外から中、見えないのに、一生懸命、窓ガラスに手をつけてファンにバイバイってしてたらしい。

そんな壮絶なバイバイされたら、心配で心配でいてもたってもいられない。
もう吉祥寺、まだチケット無いけど行くしかないなと心に決めた。

(つづく)



かなり昔の話だが、ラルク8/25(土)富士急コニファーフォレストに行ってきた。

夏のラルクは、複数会場を申し込んだのに、全滅。
クジ運のいい友達にお願いして、やっと取れたのがこの日だった。

当日交通は大渋滞、ローカル線も車両故障で急遽富士急ハイランドまでの
直行バスが出るほどのパニック状態だった。
帰りも、まともに電車を待ってると野宿になるところだった。
交通事情に慣れた見知らぬ方のお陰で、タクシーに相乗りしてなんとか、帰ってこれた。

その中で、今回どれだけチケットが入手困難だったか、という話になった。
私は全滅、その前も、その前の前も、ラルクは全滅。
乗り合わせた子も、今回20万円分申し込んだのに全滅だったと。

あまり、多く申し込むと、商業目的と思われちゃうのかな?
私は何かブラックリストに載ってるのだろうか?
(もちろん何もしてません)

と、車内でちょっと凹んでしまった。


これだけチケットが取れないと、いじけたくもなるさ。
はい、年末年始も、全滅ですよ。

以前は、少なくとも東京は全部行きたい!って思ってたのに、
最近はどっか一回行ければいいや、って思えてきた。

その一回も行けない状況に対して、
選択の余地無くラルクのおっかけを「あがる」ことになるのかな、
とも思えてきた。

アルバムとDVD買えばいいかなって。
ビックになりすぎて、いよいよ手が届かないんだなって。


そんな複雑な気持ちの中、ライブスタート。
一番聞きたかったSEVENTH HEAVENが一番初めだった。
新たな試みが所々に見受けられて、hydeのセクシーダンスもステキ。
いつもかっこよく変わり続けている、ラルク。

始まるとやっぱりキャーっと舞い上がり、超のりのりになっていた私。
でもどこかに今までとは違う冷静な自分もいたりして。

hyde、野外って本当に気持ちいい、みんなの後ろに月が見える、的な話をして。
大好きな曲聴いてください、って言った後に叙情詩が流れた。


この時、思った。
綺麗なステージと星空、そして後ろに満月。静寂の富士の樹海に流れる美しすぎるメロディ。
ラルクの思い。みんなの思い。

私は富士急ハイランドがあまり好きではない。
今回初めて来たけど、思っていた通りなんかどんよりしている気がする。
それは怖い話の影響があるんだけど、富士の樹海が近いから。
(霊感ないですけど怖がりです。)

でも、行き場のないタマシイも、無念だった人達の想いも、この綺麗な音楽で癒されたらいいなって、
みんなの元気なパワーで少しでも悲しみや怒りが和らいだらいいなって思った。


季節は色を変えて幾度巡ろうとも
この気持ちは枯れない花のように揺らめいて
君を想う


そして例え、ラルクのライブに行けなくなっても、これから私の何が変わろうとも、
自分の命が宇宙の中のほんの一瞬でも、
今感じている、この日この場所で聴いた、この曲に対する想いは永遠なんだ、

って思えた。

優しい風が気持ちいい夜だった。


------------------------------------------------------------------

叙情詩
(words: hyde music: ken)

季節は色を変えて幾度巡ろうとも
この気持ちは枯れない花のように揺らめいて
君を想う


奏で合う言葉は心地よい旋律
君が傍に居るだけでいい
微笑んだ瞳を失くさない為なら
たとえ星の瞬きが見えない夜も


降り注ぐ木漏れ日のように君を包む
それは僕の強く変わらぬ誓い
夢なら夢のままでかまわない
愛する輝きに溢れ明日へ向かう喜びは
真実だから


The love to you is alive in me. wo- every day for love.
You are aside of me wo- every day.


残された悲しい記憶さえそっと
君はやわらげてくれるよ
はしゃぐように懐いた柔らかな風に吹かれて
なびく鮮やかな君が僕を奪う


季節は色を変えて幾度巡ろうとも
この気持ちは枯れない花のように
夢なら夢のままでかまわない
愛する輝きに溢れ胸を染める
いつまでも君を想い


The love to you is alive in me. wo- every day for love.
You are aside of me wo- every day.


------------------------------------------------------------------




夏の総括の前に、どうしても触れたくなったことが。

いきなりですが今日、仙台貨物のトゥアーファイナル、日比谷野外音楽堂に行ってきた!


ある日、仙台貨物がナイトメアだと聞かされ超驚き、
一応過去の雑誌を見てみたけど「やっぱり私にはだめだわ」と
一度雑誌を閉じたまではよかった。

よせばいいのに怖いもの見たさから、昨年のDVDも見てしまった。
一時的なショック状態に陥り、しばらくは封印していました。

でも一つ、好きな曲あったな~と掘り起こして聴いているうちに、
一日80回もリピートで聞くほど仙台貨物をスキになった私がいた。

それがこの「神様もう少しだけ」

更にNACK5のナイトメア「jack in the box!」の仙台貨物コーナーを聞き、
千葉さん(ボーカル)の人柄に、フルフェイス(ギター)のドMっぷりに、虜になってしまいました。

仙台貨物は、仙台で運送業を営む傍ら、音楽活動をしていて、みんなゲイ。
千葉さんがものすごい存在感で、はっちゃけてます。下ネタ全開です。みんな宮城弁です。

でも気付いたら、かわいくてしょうがなくなってしまった。
今日も寒いのに捨て身の全身全裸。
メイクも衣装もものすごいことになっていた。
ツタンカーメンの被り物かぶって「ツタン先生」になってた。
ダイズが好きな大蛇まで登場した。
そして最後はヘ○ーまで…
もうお嫁に行けません。しっかり目に焼き付いちゃいました。


昔、hideとhydeと雅しか認めませんな!的な発言をしていた自分が、どうしてこうなったんだろう?と不思議です。

でも曲がいいんだな、これが。
元気が出るし、すごく幸せになれる。
愛にあふれている。
神様~以外の曲もステキだ。
ノリノリもあれば、綺麗なバラードもある。

そういえばナイトメアの曲もすごくいい、ってことを最近知った。
(遅くてごめんなさい)

曲とビジュアルと人間性の3つがなきゃ駄目だ、という路線はかわってない。
仙台貨物は違う意味でビジュアルショックだ。
(いや、これが本来の意味?)

ま、うんちくはさておき、まだhide、雅、hyde、LM.Cくらいではないけど結構好きになっちゃいました。

このyoutubeを見ようとしているあなた、心の準備を。
雅やラルクと全然違うから。
hideやLM.Cとも違うから。

そしてあなたはショックを受けた後、しばらく封印するでしょう。
で、ある日、思い出して、一曲聴こうかな、って思っちゃったら…!!!!
もうあなたもト・リ・コ(はぁと)


歌詞もすごくいいから、入手したらアップしときます!



この夏に行われたClub Circuit '07 "CRAZY A GO GO"。
東名阪のうち、名古屋と東京に行ってきた。


(1)名古屋 8/18(土)club quattro

朝9時出発の高速バス、その日はkannivalismも名古屋でライブを行うらしく、
LM.Cとカニバのファンで座席が埋まっていた。
どちらかというと一般の人の方が少数で、車内はまるでバンギャの修学旅行のようだった。

初めてのLM.C地方参戦、そしてうだるような暑さで、また具合悪いかも…
と弱気になっていたのも束の間、ライブが始まると、やっぱり超元気に。

なんだか、始まりから、会場のファンの気迫を感じた。

それにLM.Cのメンバーが引っ張られていったようにさえ思えた。

名古屋のチーマー(仮)はすごい。
(チーマー(仮):Aijiさんが暫定的につけた、LM.Cファンの名前。Team ☆ LM.Cからきている。)

すごく一体感&ノリノリ感を感じた。楽しい!
グルーヴきました!みたいな。

mayaもMCで名古屋元気だね~とか言って、嬉しそうだし。
Aijiもノリノリで、ファンに対してうなずきながら笑ってくれる。

MCではhikoさんが超イジられ、緑のニューヘアから"ピョコたん"と命名されていた。
バカヤロウを連発。エレガントバージョンのバカヤロウも出た。

そしてmayaが、

名古屋は前回のClub Circuit'07 では、来なかったんだよね。
その前来た時はこんなにお客さん埋まってなくて…
それが今回はおかげ様で東名阪全部sold out。イエイ!

Aijiも

名古屋、実はリベンジの意味もあったんだ。

って。

そんなこととはつゆ知らず、そんなの関係ねぇ☆って吹き飛ばす位のライブだった。

☆Rock the LM.C☆の時。
mayaが相当あおってきたけど、それ以上にこっちもジャンプ。
本当に楽しかったんだけど、そしたらまだジャンプ中に、mayaが「ありがとう!」って。

Aijiも直後のブログ






!!

って書いてくれてた。(帰りの車内で、ピョコ祭・2007夏も開催されていたらしい)


自分が最高に楽しい!って思ったライブを、本人達も最高って思ってくれるのって、嬉しい。
意外に、お互い感じていることが違うことってよくあるから。

初めて出待ちもしたけど、待っているファンがコスプレからロリ系まで多種多様で、超目立っていた。
道行く人はみなキョトン顔。

mayaはこっちを見てバイバイしてくれたけど、Aijiはよそ見せず車に乗り込んだ。
あの場所で騒ぎになるといけないから、という配慮なのかもしれない。
quattroも厳しそうだし。



(2)渋谷 8/22(水)SHIBUYA-AX

名古屋の余韻冷めやらぬうちに渋谷でツアーラストが行われた。

箱の大きさも違うんだけど、名古屋のアットホームな雰囲気とは違い、
業界関係者も多数お目見えしていて、正直よそよそしさが最後まで残ってしまった気がする。

LM.C以外でも感じたことがあった。SHIBUYA-AX、あまりスキじゃないかも。しょうがないけど。


とか言いながら、

Aijiのピョコたんと同時にフロントでギターを掻き回す姿や、
(たしかoh my juliet.の後のまだリリースしてない曲で)手を頭の上でたたいて、
腰フリフリで踊るセクシーな姿に、心をわしづかみにされました。


そしてmayaが一生懸命歌ってる姿に心うたれ、MCの一言一言にきゅんとして、 mayaダンスがかわいくって携帯の待ち受けにしたいくらいでした。


しかも最後にチュッパをゲットできた!
初チュッパはラムネ味でした。


(3)新曲 LIAR LIAR

10/10発売。
LM.C結成一周年にふさわしい内容だと思うって、mayaが言っていた。
詩がファンに対して書かれたものらしい。

ライブですでにお馴染みの曲だったんだけど、詩の内容を知ってからというものずっと聴いている。


全部知っていて ただ頷いて 笑ってくれてた
そんな君になにをしてあげられるだろう


じーんときて、あったかくなって、嬉しくなってくる。
LM.Cとチーマー(仮)の絆になる大切な曲だと、思う。


-----------------------------------------------------------
LIAR LIAR
(Music/Lyrics : LM.C)


ポケットに詰め込んだ幾千の物語
今日はなにを話そうか夜空の下
君の街が近づけば 雑音は遠ざかる
あの角を曲がれば もうすぐそこさ


君が笑うから 僕も笑うのさ 大丈夫さ もう泣かないで


きらめく思い出は まぶしいほど 切なくなるもの
だから流れるあの星をつかまえて君にあげるよ


近すぎて見えなくて 遠すぎて触れない
大切な物はいつもそんなもんさ
ちっぽけなプライドや 色あせたいいわけは
くしゃくしゃに丸めて海に投げ捨てた


青から赤に変わるその時も その想いは嘘にならないで


広がるこの世界のどこにいたって すぐ逢いに行くから
君に作り話を唄うウソつきな僕を許して


揺れてる月の光 並んだ二つの影
全部知っていて ただ頷いて 笑ってくれてた
そんな君になにをしてあげられるだろう


きらめく思い出は まぶしいほど 切なくなるもの
だから流れるあの星をつかまえて君にあげるよ


広がるこの世界のどこにいたって すぐ逢いに行くから
君に作り話を唄う目の前の僕を信じて

-----------------------------------------------------------
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アクセスカウンタ
プロフィール
HN:
am50%
HP:
性別:
女性
自己紹介:
v-rock大好きです。
hideをこよなく愛し仔雅でhydeistです。LM.Cも大好きになりました★CGとVJやってます。よろしく♪
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
最新コメント
(08/04)
(08/01)
.
(06/06)
(06/02)
(04/11)
忍者ブログ [PR]