忍者ブログ
50% of her diary
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



雅のいない間、友達のお陰でkannivalismにたくさん会えている。
はじめは雅ショックでふさぎこんでいたけど、今、新しく耳にするkannivalism(とLM.C)の音楽に刺激を受けている。

最近のkannivalism追っかけ行動としては握手会二回、スタンプサーキット、avex本社でトーク&アルバム視聴会、PV撮影エキストラ出演、ライブが二回。戦利品はサインと一緒に撮ったポラロイド。
久しぶりに長編です!


(1)PV撮影

この「ホシの夜」はエキストラとして(手が)出演できたPV。
PVってアーティストの顔として永遠に残るアートなのに、それに手が出演できたなんて、それだけで感無量。貴重な体験をさせてもらった。

みんな黒いパーカを着てくることが義務付けられていたのだけど、結局フードかぶらないほうがいい、ってことになり。
10テイクくらい撮ったのだけど、丸一日がかり。しかも毎回フルパワーで挑むので、はっきり言ってライブよりかな~り辛かった。
メンバーに今日はみんなも出演者だから宜しくお願いしますと言われ、火がついた。

圭側のステージ前から四番目くらいの手が私だ。全くわかりません。

でもその手に全力を注いだ。

私達は朝から集合して夜9時くらいに終わった。
メンバーはその後もソロパートで何テイクもあって0時に終わったらしい。
しかも早朝に他の仕事もトランポリン撮影もあったのに。

信じられない体力と集中力。どんなにキツイか身をもって知った。
また、メンバーだけでなくスタッフ一人一人の無駄のない動きにプロを感じた。

なんだかものすごく勉強になった。


(2)アルバム試聴会

こんな素敵な企画、avex様サマだと思った。
first album 【Nu age.】が2/21にリリースされたのだけど、それより先にアルバムが聴けちゃって、その場でメンバーのコメントも聞けてしまうのがこのイベントなのであった。

特にSugar rainy。

作品紹介のあと「どうぞ!」で流れてきたメロディ。
サビに入ったときに鳥肌がたった。
初めて聴いて「絶対この曲大好きになる」とわかる曲だった、で、その瞬間にこの曲を作った人達であり、歌っている声の主が目の前にいるのって…幸せモノだと思った。

作曲は裕地。作詞は怜で、怜の実際の失恋体験がもとになってできたらしい。今まで恋愛とかあまり書いてこなかったのだけど、今の自分の綺麗な部分も汚い部分もをつつみ隠さず見せたい、じゃなきゃ嘘になるからって。
この姿勢はNu age.全体を通して貫かれていて、「きみミュージック」は自分に向けて書いた詩だったり、「ホシの夜」はおばあちゃんの最期に会えなくて、本当はぼろぼろの状態だったのに、その今の気持ちをちゃんと書くって決めて書いた詩だってことまで教えてくれた。(歌詞は一番下↓)

「ぼくの場所」では、雑誌のインタビューで知った話がある。
この詩も怜が作った。裕地のブログに載せた帰郷の話が元になっている。
詩が出来た時、怜はメンバーに早く聴いて欲しかったのに待ちぼうけをくらって半泣きで。
裕地がやっと聴いて。そしたら裕地が「ごめんな」ってぽろぽろ泣き出したそうだ。言葉よりも音楽で伝わることってこの三人にはあるんだと思った。

in a brown studyの最後、怜の口笛なんだけど、なんだか自信なさげ。確かにたどとどしくてかわいらしい。実際、そのパートが流れると下を向いて恥ずかしそうにしてた。それからというもの、このパートが流れるといつも笑ってしまう。

age.は圭が作った曲で。この曲で答えが出せて救われたって言ってた。他の2人もこれが答えだと。


殺人的なスケジュールの中で、こんなにクオリティの高いfirst albumを創り出したkannivalismってホンモノだって思った(偉そうにすいません!)。そして本人達も言っていたように、Nu age.はkannivalism三人にしか作れなくて今になって出来た、今でしか出来ないアルバムなんだなと。

(3)ライブ

そしてライブ。今、初の全国ツアーの真っ最中。この間初日の横浜に行ってきたのだけど、初ワンマンの時から比べてびっくりするほど成長してた(本当に偉そうにすいません!)。そして怜も言ってたけど本当に初めから男の子が多い。

本来三人がいるべき場所。
この前も、最高のライブが出来たようで、ブログを見ると圭が動けなくなっていた。きっと一回一回のライブが三人に色んなものを与えてて、それが化学反応を起こして飛躍的に成長しているんだと思った。
そういうライブに立ち会いたい。
自分が行けないと、ちょっと寂しかったりするけど、しょうがない。
駆け足で過ぎていくものなんだよね。かけがえのない時って。

(4)握手会・トークイベント

ここからはミーハー的ノリです。すいません。

心に残った質問で。
会場からの質問:どこまでが浮気でなくてどこから浮気だと思いますか?

裕地:それは○○さん(マネージャー)がやってることは浮気ですね。

怜:心、じゃないかな。

圭:しゃべったら。
(会場の「エー?!」に対し)
だって、オレ以外の男としゃべる必要なんてあるの?
(会場、静まり返る)

怜は大人で圭は子供だと思う意見が大半かもしれませんが、私は圭の一言で忘れていた乙女心を思い出しました。



握手会

最近の私の傾向として、裕地にはちゃんと真面目なことや冷静なことが言えて、怜でウケを狙い、圭で真っ白になる。

例えば、
裕地へは、「裕地の作曲したSugar rainyやホシの夜はストレートで気持ちよくって大好きです。これからも裕地の作る曲、楽しみにしてます」とか
怜へは、(お風呂上りバスタオル一枚でエントランスまで出たりする、という話が出たので)「今度バスタオル巻いてうちに来てください」とか。
圭には「えっと、今日はすごい近くてうれしかったです。また近かったらいいなと思いました」(←まるで作文)

そんな時、裕地はいつも斜めを向いて「おぅ、ありがとな」って照れくさそうに言い、怜とはだーっと笑いあって「それ!かっこいいな!!」とガッツポーズのような握手になり、圭は「いつもありがとう。そうだね、今日はほんと近かったね」など優しい言葉をかけてくれながら手をぶんぶん振り回す。


うっとり。
握手会って中学生の頃のトキメキを思い出させる。
実際kannivalismファンは中学生が多いんだろうな。


(5)ブログ

ライブハウスHOLIDAY新宿のブログに、kannivalismのコーナーがあって、メンバーが(特に圭が)かなりマメにアップデートしてくれている。そして、すごく正直にその日感じたことを、熱い思いをつづっている。まさに「赤裸々」。

圭の「エジプトに行きピラミッド見てピラミッドに濱田参上っていっぱい落書きしてファラオにちゅーして帰りたい」とかDITAでつくる無骨スタイルに笑った。


あと「メンバーと音楽ときみ達を愛してる…」の書き込みはすごくピュアだ。


本当に、今かけがえのない時を過ごしているんだなって思う。


そして怜が(Nu age.とか曲を)出すまでは俺達の仕事、それからは皆が好きにして、って言っていた。

ということで私はただいまNu age.消化中。(奏功humorityも)
同時にbaroque時代のsug lifeも消化中(今頃ですが)。


ランチタイムに東京タワーを見上げながら

age、きみミュージック、ホシの夜、ぼくの場所、sugar rainy、in a brown study、クライベイビー、白い朝、赤裸々、リトリ、ガリロン、style、キャラメルドロップス、グラフィックノイズとか聴いていると、サイコーだ!



----------------------------------------------------------------
ホシの夜
(作詞:児玉怜 作曲:富山裕地)

フラリと道草の今日に
ギラリと終わりそうなモーニング
そらに真っ赤な陽が流れた

宙に浮いていた明日に
キラリと寂しげな夜に
きれいな一番の ホシ眺めたんだ

たりない たりない たりないって
ホシの夜に ずっと 唱えている
「ありがとう」って子供のように

出会った頃に願った事
明日もまた 素直にいたい
ホシの夜に 笑った事
オモヒデになるんだね

胸 ズキンてなった
それぞれ夢中になって
とべ理由はいらねぇ

ロクロンリィ 一緒にみた楽園
シェケマーリ 一緒にみた楽園

たりない たりない たりないって
ホシの夜に ずっと 唱えている
「ありがとう」って子供のように

重なるような ねがいごと
エンピツで 描いたりしたな
ホシの夜に 歩った道
オモヒデになるんだね

胸 ズキンってなった
それぞれ 自由になってくれ
スキになってくれ
コドモになって
時々 思い返して
それぞれ 夢中になって
ゆけ 理由はいらねぇ

フラリと道草の今日に
ギラリと終わりそうなモーニング
そらに真っ赤な陽が流れたんだ

宙に浮いていた明日に
キラリと寂しげな夜に
きれいな一番の ホシ眺めたんだ

----------------------------------------------------------------
PR


mayaとAijiのユニットLM.Cが1/31に「OH MY JULIET.」をリリースした。

めちゃくちゃタイプ!

カンカン叩くドラムと前傾のAiji、そしてキックしたりして歌うまやたんがカッコイイ。間奏で呪文のように歌うところも凄く好き。

切ないメロディーなのにヘドバンしたくなる激しさ。

そしてキャッチー★

まさにストライクゾーンです。

教会の彩度の低いPVも最高!

永久保存版だ。

もうJULIETな気分だわ!
(深夜なもので)

というわけで明日DVD付き初回限定盤買ってきます。
残り2枚だそうで。ふぅ~間に合ってよかった。

いや安心するのはまだ早い!お取り置きできないんですもの~

そしてLM.Cのプロフィールをみてみると、

新世紀型Electrock!!!そして、happy!!!平和な世界に向けてのメッセージを心に届けるLM.C。Voのmaya(ま~や)の独創的に紡ぎ出されるリリックが、aiji(アイジ)の音と見事に融合。ミクスチャーロック、デジロックにカテゴライズすることができないほどの幅広い楽曲を雑多に生み出している。

と。なるほどその通りですな。

2人のブログをみても平和を感じる。

せんぱーい。

こうはーい。

とか。

■あ゛ー (Feb 7.2007)
くしゃみが出そうで出ないんですけど。
漢字で書くと「嚔」らしいんですけど。
てか細か過ぎて意味不明なんですけど。
ま。(嚔の音色は毎回変える派)

とか。

まやたん、かわいすぎる。それに優しく突っ込みを入れたりものもらいの兆しを見せるAijiもほわーっとしてて。


雅もまやたんいじるの好きだったなー(ちょっかいかけてるDVDもある)。
雅は面白い人を見つけると、構いたくてしょうがなくなるのではないだろうか。(さいちょんとかKra景夕とか)

ま、ベガスで楽しんでる写真見たけどねー。
(ちょっと焼きもち)

まやたんは黙っててもいじられるタイプなのではなかろうか。

Aijiはその穏やかさからもKAZに似ているような気がするのだけど、
まだよく知らないので引き続き調べていこうっと。


あー早くOH MY JULIETの歌詞を知りたい。
まやたんが綴ったラブ&ピース&ポップな世界を知りたい。

ゲットしたら歌詞、アップしときます。

いやー、久しぶりにガツーンとやられました。

ここまで自分の好みに曲も映像もぴったりだと嬉しいな!

雅もドドーンとやってくれたらいいのにな。
ちょっと待つことに禁断症状が。ちょっとイジケが。
でも今日の日記を見て少し落ち着いた。

ま、この禁断症状を抜きにしても、OH MY JULIET.
大好きな曲の一つになりました。(強引なシメですいません)

--------------------------------------------------
OH MY JULIET.

step by step 君と出逢って 時を忘れて踊り明かした
星に宿る運命を知らずに I can't stop falling love

不実な月の欠けたモラルに 照らされるのは満ちた desire
運命を抱いた僕は叫んだ wherefore art thou juliet

愚かな恋だと嘲笑うがいいさ すべて投げ出して今すぐに行くから
oh my juliet.

「ねぇ神様...教えてよ どうすれば願いは叶う?
あぁ...こんなに切なくて眠れないのは 君のせいさ...」

狂おしいほど夜は永くて 次の夜明けが来世のようさ
独りで過ごす闇に呑まれて I can't stop loneliness

名前を捨てた僕は bail out 鉛の羽根がこの身を裂いた
今一度天に牙をむいて why I'm me, fatefully

愛の誓いさえ不確かなものなら 失うものなど何一つないから
oh my juliet.

「ねぇ神様... 答えてよ どうすれば願いは叶う?
あぁ.. いますぐ逢いたくて夜空に鳴くよ oh my sweet juliet...」

I am the fortune's fool! I hold cancelled love@
I am the fortune's fool! I hold too much sadness@
愚かな恋だと嘲笑うがいいさ すべて投げ出して今すぐに行くから
oh my juliet.

「ねぇ神様... 教えてよ どうすれば願いは叶う?
あぁ...こんなに切なくて夜空に鳴くよoh..」
「ねぇ 誰もがこんな想いを抱いて眠りにつくの?
あぁ.. いますぐ目を覚まして嘘だと嘲笑ってよ oh my sweet juliet...」

眠れる君と名も無き僕は 悲劇の雨に撃たれ say good die

--------------------------------------------------------











いや~

まったく。

よかったよかった。

2007年はネオ・ビジュアル元年やで~


と、雅JAPANに目が離せなくってラルクの15周年ライブの感想を書いていなかった。ごめんラルク。これだけは書いておかなきゃ年が明けないので、今更ですが書かせてください。(MCが曖昧なところもありますがご了承下さい。)

2006年11月25、26日と東京ドームで行われた15th L'Anniversary。
夢のような二日間だった。
ドームがタイムマシーンになってて、各年代ごとにタイムスリップ。
the 4th avenue cafeからスタート。
昔から現在に至るまで、ラルクの時代ごとに4,5曲づつ全部で30曲近く演ってくれた。
ステージも衣装も時代ごとに変わり、なつかしい映像やCM(「シェルじゃなくてシ・エ・ル」とか)が出てきて。
演出も貞子がでてきたり、STAYAWAYダンサーがでてきたり、無茶苦茶凝っていた。

その当時が鮮明に蘇るようだった。

そして、今日は会場のみんなのためにご奉仕してくれるらしく、ユッキー以外の3人には「ご主人様」と呼ばれた。びっくりした。

---------------------------------------------------------------
hyde: 今回は15周年ということで、投票で演奏する曲が選ばれましたが、結果、結構マニアック?
定番の曲をことごとくはずしてくれて(笑)

(metropolisが選ばれたことに対し)ご主人様もいやらしいのがお好きですね


ken: 私はAll deadが好きで。ライブの時いつもみんなで演奏する曲を決めるのですが、毎回演りたいんだけど言い出せなくて何年も経ってしまいました(笑)(今回演ることになって)ご主人様と言っときながら、勝手なことをしているメイドなのですが(笑)


tetsu: …ご主人様(はぁと)

---------------------------------------------------------------

teっちゃんの言い方がすごくかわいかった。
こういうこと絶対言わないラルクだけに、「ファンやっててよかった」と幸せをかみ締めた。

30曲近く、ちょっとの休憩しかとらないで、衣装沢山変えて演奏、その声もリズムもメロディーも全然狂わなくって、疲れも見せない、その凄さにも圧倒された。

そしてユッキーの言葉に泣いた。

ラルクの歴史の中には僕がいない時もありますが、これからのラルクの新しい歴史を一緒に歩んで行きたいと思います

今回、sakuraの居た頃のラルクの曲も沢山してくれた。
ユッキーは「僕の知らない曲もあって覚えるのが大変でしたが、どれもいい曲ばかりで、本当にラルクアンシエルっていい曲が多いなと思いました」とコメント。

kenちゃんは(ユッキーが知らない曲っていうけど、)僕もまったく覚えてなくて知らない曲でした、的なニュアンスのコメントをして。

みんなメンバー思いで、作り上げてきたラルクアンシエルっていうバンドを愛しているんだな。と感動した。

hydeが最後に
当時まわりにいたバンドはみんないなくなってしまった・・・。
この15年間、くじけそうになった時もあったけど、メンバーとスタッフとみんながいてくれたからここまでやってこれました。ありがとう。

そして虹。

15年。どの時代のラルクもいい曲を作っていて。今回採用されなかった曲の中にも定番の他にも名曲があって(AS ONEとかtwinkle, twinkleとかI wishとか)メドレーしてくれたのに足りないくらいだった。

本当に凄いバンド。曲の素晴らしさももはや殿堂入りだけど、hydeのかっこよさも伝説級だと思う。

名づけるならキング・オブ・セクシーといったところでしょうか。
というわけで、今回演らなかったけどAS ONEで軍服hydeをご紹介!

こうして今年もV-rock街道まっしぐらなわけです。


本日、雅が帰国。
休日出勤でヘトヘトの昼下がりにただいまメール。
「いつもあなたは突然」なんて歌を作りたくなるくらい、
待ち焦がれてた日はいきなり訪れた。

動揺を抑えようとi podを聴く。
シャッフルにしてたのに(1000曲も登録してるのに)第一曲目がdear my friend。
i podには気の利いたことをする学習機能でもあるのでしょうか。
ちょっと目を赤くして仕事を続ける。



で!すごいことを推測してしまったので(でも噂は流れている)ブログ書かずにはいられなくなった!

雅のメッセージ。

「カッコイイお兄様方」とバンド活動、ソロ活動も平行してやっていく。

雑誌のインタビューでもバンドやりたいな~とか、純粋にギター弾きたいな~とか、言っていたから、バンドやるかもな、って思ってた。
バンドまでは想定内ですね。

そしてLAには諸先輩方もいるとか言ってたから、もしかしてYOSHIKIん宅に行ってたりして(ていうかYOSHIKIしか思い浮かばない)って。


でも、カッコイイお兄様方とバンド活動って・・・まさか・・・!!!!


YOSHIKIは今年8月に、Gacktと新バンドを結成することがニュースになった。年内から楽曲作りに入り、来年からレコーディング、ライブツアーを行うらしい。全米ツアーも計画されているらしい。
YOSHIKIがロックバンドで本格的に活動するのは、97年大みそかに解散したX JAPAN以来。

・・・確かhideの生前、10年後またみんなでX JAPANをやろうと約束していた、と聞いた気がする。

2007年。21世紀版XJAPANともいえる特大級バンドが始動する。

そのギタリストとして雅が決まったのなら・・・


す、すごい。すごいことだ。


三世代ビジュアルキング。三世代オレ様。
気遣い屋さんの雅、ちょっと大変かもしれないけど、それだけの価値のある特大級のことをやるんだなと。

堂本兄弟に出てた時も、普通じゃ演れない豪華メンバーとセッション出来るだけでわくわくするって言ってた。

5daysの時もそう。

ちょ~楽し~♪(想像です)

今回もそういう気持ちが、ちまちました不安よりも大きいんだろうな。

まさに不退転。

私も、そうやって楽しんでる雅を見てるのが好きだな~。
あのメンバーでどんな曲ができるのか想像がつかないから、なおさら楽しみ。
hideもワクワクしてくれてたらいいな。


って本当かな?本当だよね?


2007年。ネオ・ビジュアル系元年。
日本のビジュアル系が海外から来襲。
黒船来航と共にビジュアル系新時代は幕を開ける。
なんちて~


やヴぁいね。


興奮して眠れません。
今日も仕事なのに。本当は疲れ果ててるのに。

いや~でも。
何着て行こう、ライブに(早すぎだって!)
チケット取るの大変そう。。。(だから早すぎだって!)




石原軍団Bass.の裕地(ゆち)は元baroqueのVo.怜(りょう)とGr.圭(けい)で昨年12月25日にkannivalism(カニヴァリズム)を結成している。

今年4月26日にはミニアルバム「奏功humority」をリリース、初ワンマンなどライブを重ね、9月27日にはAvexから1stシングル「リトリ」をリリースした。

hydeistでもあり、kannivalismの熱狂的ファンの友達に誘われ、5月27日には初ワンマン、10月9日握手&トーク会、10月22日はライブにも行ってきた。

雅からの使命である、若いもんを応援しろ、を遂行するために。
(解釈変わっちゃってます)

初ワンマンは前に書いたので、握手&トーク会とその後のライブのことを報告。

これら一連のイベントはリトリリリースキャンペーンの一環。各地であった。他にもポラロイド写真を一緒にとってくれたり、Avex側だけでなくライカエジソン側主催とか数々のイベントがあったらしい。

その数だけCDを買わなきゃいけなかったらしいが。

この友達はかなり買い込み、メンバーの三人にも覚えられ、スタッフには「いつもありがとうございます」と言われるくらいイベントに参加、手紙も毎回渡している。

駆け出しの頃って一人のファンに同じCDを買ってもらうことがある。

雅はこれをミヤビンボー大作戦と呼んでいる。
しかし雅の場合は同じ曲が入っていても違うDVDが付いていて、三枚買ってもそれぞれ楽しめるように配慮してくれている。だってビジュアル系だものと言っていた。(さすが!)

カニヴァの場合、同じCD。
でも圭が、同じ子に何枚も買ってもらうこと、決していいこととは思っていない、今は迷惑かけるけど必ずこれからよかったって思わせるから。
と言っていたそうだ。

だから友達はこういうキャンペーンに対し、愛情を込めてカニバボッタクリズムと呼んでいる。(う、うまい!)


イベントではこういう話も聞けちゃうから、心から応援したくなる。やっぱり人間性を知っちゃうとね。


トークの中で、怜、最近物忘れが激しいと心配していた。
ご飯食べたことも寝たことも忘れるらしい。
でも将来、じいさんになって認知症になっても歌っていたいと。
その時は冷蔵庫にマイクをつっこんで、手にタワシ持って歌っていても、みんな温かい目でみてやってくれな、って。

裕地はバーで圭とマネージャー(?)に泣かされ、夜中、さまよっていたところを怜が発見したとか。

圭はお酒呑んだら大変らしいとか。あと、現在曲作りのスランプかも、と。

みんな、なんか人間らしくていいなぁと思った。


握手の時。

圭。
am50%:こういうイベント初めてなんです。あと作曲、みんないつまでも待ってるから焦らなくていいからのんびりやってください。

圭:ありがとう。今度ライブも見にきてね。

恐れ多いっす!そんな(まだ有名じゃない頃の人が言うような)セリフを私に言ってくれるなんて、謙遜しすぎです!なので後日ライブちゃんと行きました。

怜。
以前hydeがラジオ公開録音の時、紙に書くメッセージが「サングラスとって」はムカツク、逆に「抱いて」って書かれるとテンションが上がると言っていたことを思い出し、

am50%:児玉さん(怜の苗字)はかわいくって好きです。児玉夫人にしてください。

なんて冗談で言ってしまった。(トークで結婚にあこがれてるって言ってたからさ~)
怜は本気で困っていた。(ゴメンなさい)

裕地。
きっと、いい人すぎて傷つくこと多いんだろうな、って思ったので。

am50%:裕地は一番ワイルドで男らしくって、人間性もとても優しくって絶対いい男だと思います!

裕地:よくわかってるね~(ニヤリ)

そう、私は言いたいことはちゃんと言える人なのである。ただし加減を知らないので時に引かれたりするのである。反省。
友達は逆に何も言えなくなっちゃうらしい。大好きだからなおさら。
彼女も反省してた。
2人で足して割ったら丁度いいのにね~っていいながら和民で乾杯した。


後日のライブ。
三人ともキラキラしてた。5月にあった初ワンマンの時よりも、余裕があって一人一人が楽しんでいるのが伝わってきた。
怜がニコニコして圭に近づいたら、圭も笑って怜の頭をナデナデしたり。
裕地に近づいたら、2人でペコリと挨拶したり。
仲いいんだな~

本っ当にお日様の下が良く似合うバンド。
キラキラしてて。裕地もよく笑う。

雅、裕地キラキラしてるよ!(昔はニャーだったけどね)

------------------------------------------------------

リトリ
(作詞:児玉怜 作曲:濱田圭)

春夏秋冬 繰り返し 毎年 わははって笑っちゃう ストーリー
ハイハイって 相槌 空は勝手に アンダースタンド

チクタク チクタク 迫りくる針が
こわい こわいと 弱虫ダーリン

じわじわ 訪れる 朝が
厭よ 厭よと 駄々ッ子ハニー

現実 堅実 求めるくせに
反対の 反対 じれったい リトリに

運命 共鳴 膨らんでるくせに
逃避 現実は 単純な事でしょ?

答えはない トキ過ごしてんだ
未来なんて 透明さ ハニー
年食わない 大人になりてぇんだ
臆病者のダーリン

地球ってもんの 皿の上で 踊る 僕等は
踏んだり 蹴ったりの ちっぽけな物語だ
もどかしい 太陽を背に
予定は 捨ててさ
SOたまにはね リフレッシュだ ミスは スルー

チクタク 迫りくる 針が
こわい こわいと 泣き虫のダーリン

じわじわ攻めてくる 朝が
厭よ 厭よと 駄々ッ子のハニー

年がら年中 一緒に過ごしてんだ
器の小さな ダーリン
話術で 魅了すんなってば
家鴨口のハニー

答えない トキ過ごしてんだ
未来なんて 透明さ ハニー
年食わない 大人になりてぇんだ
臆病者のダーリン

地球ってもんの 皿の上で 踊る 僕等は
踏んだり 蹴ったりの ちっぽけな物語だ
もどかしい 太陽を背に
予定は 棄てていこう
SOたまにはね リフレッシュさ ミスはスルー

そしてまた    リトリ
また繰り返す   リトリ
そうやって 去る リトリ

------------------------------------------------------
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセスカウンタ
プロフィール
HN:
am50%
HP:
性別:
女性
自己紹介:
v-rock大好きです。
hideをこよなく愛し仔雅でhydeistです。LM.Cも大好きになりました★CGとVJやってます。よろしく♪
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
最新コメント
(08/04)
(08/01)
.
(06/06)
(06/02)
(04/11)
忍者ブログ [PR]